封印されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

主に認知系統の学問を題材に、論文の下書きのような感覚で情報発信しています。読みにくい文章ですみません。きっかけは特異的言語障害(SLI)・聴覚情報処理障害(APD)・注意欠陥症状(ADD)。頭蓋縫合早期癒合症の成人当事者です。中央実行系(ワーキングメモリ)について研究中。

軽度三角頭蓋の治療をめぐる論争(手術の存在価値を提唱する下地医師と否定派)

目次

 

 

第1 軽度三角頭蓋の治療の現状

頭蓋縫合早期癒合症と診断されたお子さんのご家族によるブログを読んでいて気づいたのは、ほとんどのケースでお子さんが手術を受けているということです。

早期癒合症(三角頭蓋や舟状頭など)が脳の神経発達に与える悪影響や身体症状が現れるまでの機序は病理学的にすでに解明されています。そのため、典型的な早期癒合症であれば、将来のリスクを踏まえた上で、脳神経外科(あるいは形成外科)の医師から、間違いなく手術を受けることを勧められるはずです。

 

論争の議題となっているのは、軽度な早期癒合症の存在です。これは通称「軽度三角頭蓋」といわれています。

現状、軽度三角頭蓋の手術は実施されていますが、取り巻く状況はあまり好ましいとはいえません。

琉球新報によると、

「国家戦略特別区域高度医療提供事業」認定を受けて実施を予定している「小児に対する軽度三角頭蓋の頭蓋形成手術」に対し、医療関係団体が認定撤回を求めている*1

 

とのこと。

すなわち、軽度三角頭蓋の手術をやめるように当局を通して手術の否定派が要求しているのです。

 

なぜこうなったのか?

本稿ではこの論争の原因となる部分について言及します。

 

そして、当事者家族が一番知りたいこと、それは

軽度三角頭蓋は手術をするべきか否か

ということに尽きると思います。この問いに対する私の考えも綴っていきます。

 

本稿では、「軽度三角頭蓋」に焦点を当てて書いていきます。

早期癒合症については以下の記事を参照してください。

 

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

 

第2 軽度三角頭蓋の手術の詳細

1 手術適用条件

① 年齢

学童期以前までが好ましいとのことです。

具体例をあげますと、順天堂医院では手術適応年齢が2~4歳と定められているそうです。

また、軽度三角頭蓋の手術を主導する下地先生は、その適応年齢を基本的に9歳までとしています。

早期癒合症の手術は、成人での実施例がありません。早期癒合症は通常、幼児期に発覚される奇形なので、成人まで放置された事例が存在しないからでしょう。また、学童期までに脳の神経発達が完了するため、成人で手術をしたとしても神経発達に進展がみられないという観念があるともいえます。

 

② 早期癒合症の手術適用条件との比較

早期癒合症の場合、頭蓋内圧亢進症状が表れていることが手術適用条件です。

すなわち、頭蓋縫合が早期癒合していたとしても、頭蓋内圧亢進症状がなければ手術ができない一般的な早期癒合症の手術に対して、軽度三角頭蓋の児童に対する手術は頭蓋内圧亢進症状が無くても手術ができます。この結論は、後述する下地医師による統計を参照すると明らかです。

この点が、否定派の論拠になっています。

 

2 手術の目的(手術を担当する側の意図)

手術の目的といっても、手術を担当する側と当事者家族側とではどうやらズレが生じてしまうようです。

 

まず、手術を担当する側が考える手術の目的について、実際、軽度三角頭蓋の手術を「脳の成長を考慮した手術」と表現していることから以下の目的があると推測できます。

・現在進行形で発生している症状の緩和

・将来の危険性の防止

  

3 軽度三角頭蓋の症状に関する統計

軽度三角頭蓋になることで、以下のような症状が現れるそうです。

これまでに見てきた420症例の主な臨床症状を以下に列挙します。

 
① 言葉の遅れ(407例):有意語無しから、単語のみ、2語、3語の組み合わせ、会話が不十分、に至るまで様々です。また、何度も何度も同じことを繰り返すケースや、他人の話を聞こうとしない、他人の言葉の理解に困難がある子もいます。
 
② 多動(322例):家でもずっと動き回っている状態。親が手を放すと飛んで行ってしまうので、親御さんは、特にスーパーマーケットなどでの買い物時などは大変です。また、テレビも15分と見ることができない、交通信号を待てない、信号の意味が理解できない、高いところが好きで上って飛び降りる、そうした自分の行う行為について危険性の認識の無さなどがあります。
 
自閉傾向(267例):人と目を合わせない、合いにくい、よそよそしい態度(Aloofness)、相互依存が無い、他人を気にしない(時に両親ですら)、他児と遊べない、ある物事へのこだわりが強い、などがあります。
 
④ 運動遅滞(114例):多くが筋緊張低下状態にある。歩くことができない、ふらふらする歩き方、年齢に応じた運動能力に欠けるなどが見られます。
 
自傷行為(103例):自傷行為のほとんどが頭を打ち付ける行為(head banging)です。自分の髪の毛をむしる子もおり、また、母親の腕を噛んだり、他人に頭突きをしたりする他傷行為をする子もいました。
 
⑥ パニック・いらいら(179例):自分の意志に反することが起きると床に転がり込んで、常識では考えられないくらいの長い時間泣き叫んだりしますが、周りは何で泣いているのか理解できないなどがあります。
 
睡眠障害(77例)(最近気が付いたので、この数字はもっと多い可能性があります):ベッドに入ってから寝付くまでかなりの時間を要する。深夜、ぎゃーといきなり泣き出し大騒ぎする(夜驚 Night terrors)
 
⑧ 頭蓋内圧亢進症状(20 例):頭痛を訴える子が8名、嘔吐のある子が16名いました。その他、興味ある症状として6例にひどいよだれ(drooling)が見られました。また、偏食も意外と多くの患児にありました。*2

 

赤い部分は、論争の焦点となっている部分です。
このことを踏まえた上で次のステップに進みましょう。

 

4 手術の目的(当事者家族の希望)

上記のような軽度三角頭蓋の手術が実績を残しているというデータを目の当たりにしたとき、現に発生している子どもの精神症状の原因がそれにあると当事者家族は考え、救いの手となった軽度三角頭蓋の手術に対し藁にもすがる思いで希望するはずです。

しかし、上記のデータには語弊を招く表現があります。それは「自閉傾向」です。

この「自閉傾向」というコトバを「自閉症スペクトラム」と解釈したうえで、自閉症スペクトラムの解決という目的のために手術することを決める当事者家族、という可能性は否定できません。この部分こそ、軽度三角頭蓋の手術の否定派の意見の真髄となっています。

 

5 問題点

問題点は以下の可能性に分けて考えられます。

・手術肯定派が軽度三角頭蓋の「自閉傾向」を自閉症スペクトラム由来のものと考えていること

・軽度三角頭蓋の手術によって「自閉傾向」が改善したという情報に接した当事者家族が、自閉症スペクトラムの根治を目的として同手術を依頼すること

 

後述する否定派の意見を考慮すると、問題点は後者の方が確実だといえるでしょう。

 

 

第3 軽度三角頭蓋の手術に対する公的な批判

1 声明文の抜粋

実は、軽度三角頭蓋の手術に対して批判的な考えを持つ関係者が圧倒的多数を占めています。(それどころか、軽度三角頭蓋の手術は日本以外の国外では行われていないというのが実情です。)

代表的なものとして、日本自閉症協会が挙げた意見書の一部分を紹介します。

重度の頭蓋骨早期癒合症の場合、頭蓋の拡大が制限されて脳の成長が阻害され、四肢の運動麻痺や知的障害などの神経症状が生じる可能性があります。・・・現時点で、三角頭蓋と自閉症との関連について、脳神経外科学、児童青年精神医学、小児科学などの学会で認められているとは言えません。・・・自閉症の子どもが、少しでもよくなる方法があれば試してみたいという保護者の方々のお気持ちはよくわかりますが、明確な科学的な根拠が得られるまでは、研究段階にあるものであることを充分認識する必要があります。*3

 

また、日本児童青年精神医学会などが

自閉症に似た症状と三角頭蓋の関連について、科学的証明はなされていない」

*4

という声明を発表しています。

 

ただ、これは自閉症スペクトラムだけについての言及のみで、ADHDとの因果関係を否定しているわけではありません。

 

2 軽度三角頭蓋の手術に否定的な根拠

①早期癒合症の手術適用条件に反している

頭蓋内圧亢進症状の存在は、脳神経外科が早期癒合症を手術するかしないかを判断するための必須条件になるそうです。そのため、頭蓋骨に「嶺」が表れていたとしても、頭蓋内圧亢進の所見がなければ手術ができないのです。言い換えれば、頭蓋内圧亢進が条件であるとも言い換えられます。

 

第3の中で示した統計を参照しますと、軽度三角頭蓋の手術を受けている患者に、頭蓋内圧亢進症状を示しているのは、20例だけ。

つまり軽度三角頭蓋の手術は、早期癒合症の手術適用条件というルールに違反しているのではないかという疑いがあるのです。

 

②実証されていない早期癒合症と「自閉症状」の因果関係

事実、一般的な早期癒合症と「自閉症状」の因果関係は、アプリオリに実証されていません。「実証されていないもの」を治療するというのは、病理学や医学の観点からみると滑稽な話です。

すると、早期癒合症のなかでも軽度な部類である軽度三角頭蓋の手術について、さらに黙っていられないのです。

 

③当事者家族に誤解を招くおそれ

以上の内容を踏まえたうえで軽度三角頭蓋の手術の効果に対する偏見が生まれる状況を解決するために、

自閉症スペクトラムの防止を目的とした軽度三角頭蓋の手術というのは、目的と行動の不一致である。」

と否定派は警告するのです。

 

第4 論争の背景を考察する

1 脳神経外科学によって定義づけられた手術適用条件について

脳神経外科による早期癒合症の手術は、頭蓋内圧亢進症状による身体症状の解決をするという名目のもとで行われています。早期癒合症を手術するか否かを判断するための基準が、脳神経外科学的によってある程度決められています。脳神経外科によって定義づけられる早期癒合症の手術の適用条件とは、以下のような頭蓋内圧亢進症状の所見が認められる場合です。

・3D-CT映像での頭蓋内圧亢進症状を示す初見

・頭蓋内圧が一定値以上の値であること

・うっ血乳頭

・眼球突出

(上記の適用条件は私の経験から推察して導き出しました)

 

ここで気になるのは、早期癒合症の外見という基準が存在しないことではないでしょうか。そうです。以下の様なことがありうるか否かは別として、極論をいえば、どんなに頭蓋の変形の程度が強くても、あるいはどんなに精神症状が重かったとしても、上記のような条件がある以上、頭蓋内圧亢進症状の所見が認められない限り、手術をしないでしょう。

 

脳神経外科学にとって、早期癒合症は「頭蓋内圧亢進症状の付随物」にすぎないといっても過言ではありません。あくまで頭蓋内圧亢進症状を治療することが目的であり、その目的を実現するための手段として早期癒合症を治療するにすぎないのです。

残念ながら、現段階では脳神経外科は早期癒合症による外見上の解決だとか、早期癒合症による精神症状の解決というのは、おそらく重視されていません。

 

2 脳神経外科学が軽度三角頭蓋の手術に反対する理由

以上の背景があり、脳神経外科学に従事する関係者のほとんどが、下地先生による軽度三角頭蓋の手術を批判していると推測できます。「医療関係団体が認定撤回を求めている」という表現がありますが、おそらく、医療関係団体とは脳神経外科学全体をさします。

事実、下地先生による軽度三角頭蓋の手術は、「頭蓋内圧亢進症状が目的、早期癒合症は手段」という脳神経外科学の意向に真っ向から対立しているものです。

 

まず、頭蓋内圧亢進症状がない患者に手術を施していること。現に軽度三角頭蓋の統計をみましても、例えば一番多い「コトバの遅れ」の症状と比較すると、頭蓋内圧亢進症状を持つ症例の少なさは顕著です。

 

そして、軽度三角頭蓋と「発達障害的症状」との因果関係が実証されていないにも関わらず、手術を実施していることでしょう。これは日本児童青年精神医学会が指摘しているとおりです。

以上の理由から、下地先生は軽度三角頭蓋の手術をやめるように要請されているのです。

 

3 軽度三角頭蓋の手術に対する批判があるのも当然

ここまで脳神経外科学のことを悪者のように書いていますが、そのつもりは全くありません。むしろ逆で、脳神経外科学として行うべきアクションをしっかりと実行していると私は考えています。

 

脳神経外科学が目の当たりにしている、軽度三角頭蓋を含める早期癒合症と、それが本当にあるのかどうかもはっきりしない「発達障害的症状」との関係性というのは、「悪魔の証明」かなり不気味なものです。

諸悪の根源は軽度三角頭蓋の「発達障害的症状」の正体、および早期癒合症との関係が解明されていないことです。

 

第5 私の持論をごく簡潔に

結論をいいますと、私は軽度三角頭蓋の手術は大賛成です。しかし、不満な点や見直すべき点もあります。

この論争が起きてしまった原因は、軽度三角頭蓋が引き起こす諸症状の病理的な真実が解明されていないことです。真実がもし解明されてさえいれば、このような論争だって起きなかったのではないだろうかという気がしてなりません。

何が言いたいかというと、真相が解明されていないことで本来の方向からどんどんずれていき、真実から遠ざかってしまっているというのが、軽度三角頭蓋に代表される早期癒合症と発達障害との関係性の議論の現状です。

 

私が主張したいことを箇条書きにすると以下のようになります。

・軽度三角頭蓋と自閉症スペクトラムとのあいだに関係性はない。

・軽度三角頭蓋による被害が顕著な部位は、大脳皮質である。

・ゆえに軽度三角頭蓋の精神症状とは、中央実行系の機能障害である。

 

早期癒合症による頭蓋内圧亢進症状の特異性を理解することが、なによりも重要である。すると、以下の事柄が導き出せる。

・大脳皮質が圧迫された後に頭蓋内圧亢進症状が起きるので、頭蓋内圧亢進症状が認められない一方で精神症状があるというケースは十分に有り得る。

・ゆえに、軽度三角頭蓋の治療をするうえで、精神症状の改善を目標とする場合、早期癒合症の手術適用条件である「頭蓋内圧亢進症状」の有無は無関係である。

軽度三角頭蓋の手術に年齢制限を設ける必要はない。成人でも適用するべきである。

 

私の意見の詳しい内容につきましては、次の考察記事リンク集のなかに随時追加していきます。

 

考察記事リンク集