「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

認知心理学の研究をする頭蓋骨縫合早期癒合症の成人当事者が考えたことを書いていきます。扱っている症状は原因不明のものばかり(泣)。当ブログの記事における内容及び理論は無断転載及び引用は禁止です。更新情報はツイッターでも配信しています。

レビューあり(?)下地武義先生による新しい著書「三角頭蓋奮闘記 (あきらめない この子たちに未来はある)」が出版されます。

著書に関する情報

頭蓋縫合早期癒合症および軽度三角頭蓋にかかわる方々は見逃せないでしょう!

沖縄県立南部医療センター脳神経外科医の下地武義先生による新著が、発刊されるそうです。しかも、肝心の軽度三角頭蓋の治療に関する内容になっているそうです。

情報を載せます! 

三角頭蓋奮闘記 (あきらめない この子たちに未来はある)

三角頭蓋奮闘記 (あきらめない この子たちに未来はある)

2018年6月20日が発売日になっていますが、アマゾンでは予約注文が可能になっていますね。

現時点(6月17日)で ISBN(4903948749)の番号で検索をかけたところ、アマゾン以外の検索結果がヒットしなかったので、アマゾン以外での取り扱いはまだないようです。

アマゾン早ぇー (/・ω・)/

 

本題:「推薦の弁」について

この記事のテーマに「レビューあり」と書きましたが、発売前ですのでまだ読んでおりません。しかし、これまで軽度三角頭蓋に関する資料を私は読んできたので、アマゾンの内容紹介と照らし合わせれば、本書に内容はなんとなく推測できます。

 

私が非常に気になっているのは、アマゾンによる内容紹介で記されていた「推薦の弁」です。

本書「推薦の弁」より、子どもの発達障害で悩んでいる方々は一読される価値がある。希望が出てくるかも知れない。しかし、子どもが成長した後で読まれた方は悔いるかもしれない。もう少し早く知っていたら……と。*1

 ……の部分には、一体どんな言葉が入るか?

「子供が成長した後……悔いるかもしれない」という文が前にあるので、「わが子を救えたかもしれない」的なフレーズが入るのではないでしょうか。

下地武義先生は軽度三角頭蓋の手術の適用年齢については、学童期に限定しています。なぜなら、成年については手術の効果は得られないという見解を示しているからです。言い換えてしまえば、大人になってしまったら軽度三角頭蓋の人は救えないということですね。

正直、この「推薦の弁」は私を含める成人当事者が読んだとき、かなりつらい気分になると思います。

 

しかし、私はあきらめません!「大人の早期癒合症」という概念を広めるべく、これからも邁進して参ります。

私は成人当事者でも症状が改善すると考えていますし、身体症状が現れている以上、治療されるべきだと思います。「成人当事者も手術を受けられるべき」という内容の記事を当ブログの中で既に発行していますのでご覧ください。

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

また、頭蓋骨縫合早期癒合症の成人当事者が抱える症状に関する記事は、以下の記事のなかで紹介しています。 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

*1:アマゾンでの商品詳細ページより引用