当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

日本語の文法(語順)が日本人の思考に与える影響についての先行研究は存在しないかもしれない

言語が話者の思考を規定するという内容の仮説が存在します。言語相対性仮説(通称、サピア・ウォーフ仮説)の内容を、認知心理学の表現をもちいて言い換えれば、言語が知識の枠組み(スキーマ)の形成に相対的に関与しているという内容です。

 Sapir,E、Whorf,B.L(サピア=ウォーフの仮説)の「言語相対性仮説」とは、母国語となる言語によって語彙や構文法などには偏りがあり、このことが民族的な認知・思考の偏りを支配しているという説です。
この仮説には、「言語が人の思考を支配する」という強い仮説と、「言語が思考の傾向に影響を与える」という弱い仮説があります。*1

代表的な言語相対性仮説の例を挙げると、色彩語彙が挙げられます。直接認知にかかわっているのは感覚器官であることにまちがいはありませんが、話す母国語によって認識できる色彩数が異なるという研究があります。

言語が思考に影響を与える現象は、色彩語彙に代表されるような、語彙がスキーマ形成に影響を与えるという現象だけではありません。もちろんこれが主流ではありますが。難しさといった言語の性質を評価するための尺度には、以下の4つの要素が挙げられます。

  • 音声
  • 表記
  • 語彙
  • 文法

言語学の研究は、主に上記の要素を考察するものであり、サピアウォーフが主題となる研究もそれに含まれます。色彩語彙の研究のように、語彙が思考に与える影響を考察した研究は結構多いです。一方で、文法が思考に与える影響を考察した研究は少ないようです。

言語が思考パターンに与える影響についてはサピア・ウォーフ仮説として有名であり、さまざまな研究があるが、「語順」が思考パターンに与える影響についてはあまり研究されていない。*2

特異的言語発達障害を抱えているゆえに、母国語であるはずの日本語を扱っている際、日本語は世界一難しい言語であると私は感じます。私が関心を持っていることとは、日本語の文法、中でも語順(名詞と助詞の順番も含める)が日本人の思考に与えている影響です。

日本語には規範文法が存在します。そしてそれはかなり厳格なものです。しかし、逆説的ですが、日本語の文法の許容範囲は広くもあります。

日本語は膠着語であるため、SOVでも、SVOでも、VOSでも文の意味が崩れることはありません。すると、他人が表出した文を理解する際は、他人が表出した語順で理解することを強制されます。このことが、日本語の難しさをさらに底上げしている要因です。

日本人の思考に影響を与えている要素として、私が注目している日本語の規範文法は、以下の通りです。

  • 右側主要部の規則
  • 主要部終端型言語(SOV)
  • 後置詞

これに対して、英語の規範文法は以下の通りです。

  • 左側主要部の規則(一語のみの分子や形容詞の修飾を除く)
  • 主要部先導型言語(SVO)
  • 前置詞
英語と日本語は、ほとんど文法が真逆の関係です。日本語ほど、ほかの言語と比べたときに英語の語順とほとんど真逆になる言語は存在しないようです。
詳細は機密情報なのですが、英語はユニバーサルデザインな言語で、一方の日本語は語順という観点に絞ると、扱う人間にとってストレッサー(ストレスの原因)でしかないと私は考えています。日本育ちの日本人が、日本語について不自由を感じるほど使いにくい言語であるといっているのです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

特異的言語発達障害、いえもともとは容量性注意障害なんですが、これを抱えたせいで日本語を扱うのに不自由しているので。

なので論考を書いてみました、素人ですが。

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

*1:

psychologist.x0.com

*2:江原暉将「語順は思考パターンに影響を与えるか」、寄稿集2015年度版、日本特許情報機構

https://www.japio.or.jp/00yearbook/files/2015book/15_4_07.pdf