当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)についての当事者研究のノートです。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

日本人の国民性に関する「なぜ」(2):自我不確実感とは自我が不安定ゆえに公的自己意識が過度に高い状態(南博: 「日本的自我」)

さっき、日本人の国民性について自我不確実感を提言した社会心理学者がいたことを知りました。南博氏です。そしてその内容を提言した書籍が、「日本的自我」です。これは私にとって興味深いです。

日本的自我 (岩波新書 黄版 241)

日本的自我 (岩波新書 黄版 241)

  • 作者:南 博
  • 発売日: 1983/09/20
  • メディア: 新書
 

 

初めて心理学で「自我」という表現が使われ始めたのは、精神分析学でのイド、スーパーエゴのバランスを取るもののとしての語用でしょう。

自我という言葉は広く使われていて、意味もそれなりに広いように感じます。この言葉を学術的に使うことは難しいように感じます。そのため私は別の表現を用いています。自我の言い換え表現を挙げると、通常の心理学では「自己意識」や「自己同一性(アイデンティティ)」があります。認知心理学は特殊で、こちらでは物理的な使われ方をされますので、少し意味が異なりますが、ワーキングメモリと関連づけながら「意識」や「注意の焦点」が用いられます。あとはロジャーズによる「経験」という表現もあります。

南博は、「日本的自我」が示す内容をひとことで「自我不確実感」といっています。最も身近な表現を言うと「アイデンティティ=クライシス」や「自我同一性拡散」でしょう。

理想的な自我の状態は、確立された自我によって公的自己意識と私的自己意識にバランスがとられている状態です。つまり私的自己意識を軽んじることなく、自分の欲求にもある程度注意を向けられている状態です。これに対して、「日本的自我」とは、公的自己意識が過度に高くなっており、自我が不安定な状態が続いている日本人の状態を示している表現であるといえます。言い換えると、思春期に限らず、国民レベルで大人も含めて「自意識過剰」ということです。

公的自己意識とは自身の社会的立場を基準にふるまう思考に該当します。問題なのはこれが過度に高い状態、すなわち公的自己意識がストレッサーとなり、自身の立場や社会的評価を気にしている状態です。この状態でいることで発生する問題の具体例を挙げると、他人からの視線が気になるあがり症や、同調圧力への過敏性でしょう。

日本人の国民性(国民レベルの性格)の大元として「公的自己意識が過度に高い」といえる根拠として、厳格な礼儀作法(マナー)や複雑な敬語が挙げられます。他国では相手に対して握手やハグも挨拶として用いられています。これに対して日本は異なります。日本では相手に対して3種類の敬語やお辞儀で済ませます。一方でキスや敬意は示すけれども親愛の意は示さず、といったところでしょうか。むしろ日本人の礼儀作法は、警戒感の現れだと思います。

何に対する警戒感かというと、例えばとりあえず敬語を使っておけば、特にモンスタークレーマーや悪性自己愛者(DQN)から因縁をつけられたり、高齢者から「失礼だ」と怒られるというストレッサーの発生を回避できますし、なにより自分の社会的評価を落とさないでいられます。ただ、それだけではないようで、パーソナルスペースの広さが関わっているように感じます。

日本人はパーソナルスペースが広いといわれています。すなわち、相手とのコミュニケーションをする際に、パーソナルスペースを急に詰められるかもしれないことに対して、警戒感を抱く場合が多いと思います。それ自体は全く問題ないのですが、特に西欧諸国とは、コミュニケーションの質が全く違うことは興味深いです。

日本にかかわらず、人間は思春期から社会性を学び、公的自己意識の存在を知り、自我を形成します。自我が確立されていないうちは公的自己意識が高くなり、私的自己意識をおろそかにしてしまいがちです。思春期の青年が「自意識過剰」といわれるのはこのことです。

南博が言っている日本人の国民レベルでの「自我不確実感」とは、自我が形成されていない、という意味ではなさそうです。形成されているものの、公的自己意識が強い状態が続いており、なかなかバランスの取れた「自我」に至らないということでしょう。私の持論ですが、たとえ公的自己意識と私的自己意識のバランスが取れたとしても、すぐに公的自己意識に比重が置かれ、自我が不確実になってしまう、これが日本人が抱えている根本的な問題でしょう。そして、同調圧力や忖度に過敏性、他人からの評価が気になって不安になるという問題が発生すると私は考えています。

では、日本人がすぐに自我が不安定となり、公的自己意識が過度に高くなり、それに起因するストレスを抱え込むようになってしまう根本原因は何でしょうか。この問題の答えは提示されていないようです。少なくとも公式の見解は出てくることはないでしょう。私見にになりますが、当ブログでは、言語的相対論を用いて、日本語の語順規則ではないかと私は考えています。言い換えると、SOV型言語である日本語を使って生活していることが、日本人の自我の安定を脅かしているということです。

詳細は下のリンク先の記事で説明しています。

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp