当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)についての当事者研究のノートです。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

日本語のSOV型語順で作る複文とワーキングメモリ

キーワード:言い間違い、右側主要部の規則、主要部、従属部、従属節、右側主要部の規則、自己移入、ワーキングメモリ

序論

日本語は公的自己意識に注意を向けなければ扱いきれないことから、その必要がない英語などと比べて難しい。日本語で単文や重文を扱う際においても公的自己意識に注意を向ける必要があるとなれば、日本語で複文を作ることはさらに難しい。

日本語で作成する複文の種類について以下のように規定。

  • 従属部(が従属節の)被修飾(語である)複文:”S SC O V”, “SC O S V”
  • 主要部(が従属節の)被修飾(語である)複文:”SC S O V”

日本語で構成する文のうち、「従属部被修飾複文」が、脳機能にかかる負荷が最も重い文。そして一方の「主要部被修飾複文」は、脳機能にかかる負荷が比較的軽い。

日本語の複文の理解、表出は難しい

学童期では言語能力は十分とは言えず、神経発達と同じく発展途上の途中です。実際、子供の言語表出と言語理解の特徴を見てみると、大人ほど十分なものではないことは想像に難くありません。もちろん語彙力や「年の功」がコミュ力に影響を与えている部分もあると思います。しかし、統語論の観点から考えられる、大人と子供の言語能力の差とは、複文を扱えるか否かでしょう。最も難しい文が複文であることは、全言語共通であることは間違いありません。言語学者が執筆されているブログの記事でも、複文の認知が難しさが言及されています。

「まだ文のネストが処理できないようで、関係節(連体修飾)も分からないようである。重文は理解できるが、複文は理解できない、ということかもしれない。ただ、複文の中でも一部理解できる構文もあるので、どういう構造の複文がダメなのか興味深い。」

komachi.hatenablog.com 

複文が難しいといわれても、言語学者以外の人はその根拠について考える機会や考えさせられる動機を得られないので、把握していないかもしれません。そもそも例えば我々の多くは日本人にとって日本語を扱えることは当然のことと考えているでしょう。日本語をうまく表出、理解できないことについて劣等感を持つ人がいたとして、そのことを認めてしまったならば何らかのレッテルを貼られてしまうのではないかという不安、恐れがあるため、認めたくない、あるいは認めることを回避しているのだろうと思います。

複文の難しさは先述したような統語論の専門的観点からでなくても説明可能です。英語初学者にとって困惑させられる文法規則の一つである関係代名詞、関係副詞は、複文を作るための文法規則であると言い換え可能です。

「複文と重文の違い」というのは検索エンジンでもよく説明が求められる部分だそうです。双方とも、一文の中に主語と述語の組み合わせが複数存在します。重文は別個の単文を無理やりつなげて作られる文です。これに対して複文はそうではありません。複文では、主節の句のなかに従属節の被修飾語が存在しています。言い換えると複数の節の間に階層構造が形成されているといえます。重文には複数の節に階層性、序列がありません。要するにすべて「主節」であり、従属節が存在しません(主節は従属節ありきの概念)。

重文の本質は単文の連続であることから、単文を提示した後に単文を提示するという順序で継時処理を実行しながら、人間は重文を扱っているといえます。これに対して複文を扱っている際には、重文や単文のような処理を実行しているとはいいがたいです。第一に意味の面から見ても、節の階層構造、すなわち従属節と主節の関係に対して注意を向けるわけですから、従属節を忘れて主節を扱うことは不可能です。ゆえに、単文や重文を扱う言語行為と比べて、複文を扱う際には集中力が必要になる、言い換えればより多くの神経基盤を必要とするだろうと考えられます。

ここで私が言及したい事柄とは、日本語話者である日本人による日本語の表出におけるエラー(不注意)、すなわち「言い間違い」や言葉が詰まることが多いことです。ここでいう「言い間違い」とは名詞の言い間違いではありません。具体例は以下の通りです。

  • フィラー表現の多用:言葉に詰まったときに発する音声。「えー」、「その」など
  • 「てにをは」の選択ミス:主語と述語の不一致に起因する
  • 重言:「頭痛が痛い」、「行動変容を変える」など

テレビ番組に出演しているコメンテーターのような「日本語を話すプロフェッショナル」でさえ、言葉に詰まったり、文法を間違えてしまったりしてしまいます。こういった言語表出におけるエラーは、単文や重文を表出するときにはさほど発生しません。しかし、複文を表出するとなれば、こういったエラーが発生する頻度は非常に高くなることを、私たち日本人は経験則から導き出せるでしょう。複文表出時のエラーの多さからも、複文は扱うのが難しい言語情報であることを導き出すことが可能です。

そもそも日本人はなぜ複文を話そうとするのか。節の階層性を持つ複文は内容面においても階層構造を作れることから、叙述をする際の便利な文法であるといえます。日本人は叙述をする際に、可能な限り多くの情報を一度で提示するべきという強迫観念を持っているように思います。その強迫観念の原因は日本人の国民性と関係しているように感じます。これは本稿とは別の話題になるので、別記事で紹介することにします。

ただ、一度で多くの内容を叙述するために複文を即興で作ることにチャレンジする試みは、失敗するリスクが高い行為、いいえ、むしろ仮に文法規則を間違えることなく表出できたとしてもそれは偶然にすぎません。

日本語話者である日本人が日本語文の表出するときに先述のエラーが発生する原因として、複文が複雑な言語情報であること以前に、日本語の文法が影響していることを私は言及しなければなりません。日本語の文法、すなわち語順に関する規則は、右側主要部の規則が採用されます。そのため日本語の語順は"SOV"となり、主要部後置型言語に分類されます。

主要部を従属部の後に配置するという「右側主要部の規則」は、思いつく限りだと日本語の語順規則のほぼすべてに採用されています。この右側主要部の規則について、日本語の論理性の欠如(非論理性)であると考えています。日本語に欠如している論理性について、話者にとって言語理解、言語表出をするための「設計図」としての役割であること私は提示しています。これに対して、英語のような主要部前置型言語は日本語とは事情が異なり、左側主要部の規則がその役割を持っているため、論理的(合理的)な言語であるといえます。

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

日本語の複文を扱うという行為の困難性について評価する以前に、日本語の語順規則が非論理的であることに言及するべきでしょう。したがって論理的な言語である英語などと比べて、言語理解および言語表出するときにつかう脳内の神経基盤が多いことが想定可能です。

日本語の語順が抱える非論理性と公的自己意識

先述したように、日本語が非論理的(非合理的)な言語であるといえる原因について、日本語の語順規則であると私は考えています。この持論の内容を簡単に提示すると、英語などの主要部前置型言語では語句の優先順位が合理的であるのに対して、主要部後置型言語である日本語は「語順の優先順位」が「統語構造における優先順位」に逆行しています。そのため日本語話者は言語理解、および言語表示を実行する際に「説明書」を語順から享受できないと私は考えます。

ようするに、日本語話者は英語話者と比べると母国語を理解、あるいは表出する際に、その「説明書」を自分自身で作る必要があります。日本語は英語のように語順規則が厳密に規定されていないうえに、右側主要部の規則(主要部後置型言語の語順規則)を採用されています。そのため、日本語の文を表出する際には、術語を配置するまでの間に後置詞を即興的に付けながら、文を組み立てていきます。一方で、日本語の文を理解する際には、理解対象は他者表出の文であり、自分が表出する文ではありません。したがって他者による語順で作られた文に対して「自分が表出している」と疑似的に思い込ませたうえで、理解が成立するだろうと推定します。

日本語話者である日本人が抱く、自己移入対象となるべき主語に対する考え方も非合理的だろうと思います。その根拠について言語理解、言語表出の点で評価します。

言語表出の際、主語についても後置詞を即興的に付けることで共通していることから、主語が決まっていません。主語が決定するまでの間は全ての概念が「客体」であり、すべてが自己移入対象になりうるため、これらに対して注意を向ける必要があります。この働きについて公的自己意識への注意が強いと私は評価します。

日本語の言語理解については、その際に参照する語順規則が存在しないため、自分が知っている語順という私的自己意識ではなく、表出元である他者が形成した語順から理解すると推測します。このことから、言語表出と同様に言語理解時には公的自己意識への注意が強くなっていると私は評価します。

日本語を扱う際に使う神経基盤と英語を扱う際に使う神経基盤の差分、すなわち英語話者が使わず、日本語話者である日本人が言語表出、言語理解する際に用いている神経基盤は、公的自己意識であると私は考えています。そして、言語理解、言語表出する際にわざわざ公的自己意識を用いざるを得ないという日本語の性質を、「論理性の欠如」と評価できることに私は言及します。

言語理解、表出の神経基盤としてのワーキングメモリ

文を理解する際の神経基盤について、主節のみで構成されている文、すなわち短文や重文では、複数の短期記憶を保持することはありません。文の主要部に該当する述語をスキャン(読取)することで、人間は「自己移入」の対象を特定します。そしてこれを長期記憶として貯蔵し、文の意味を理解します。

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

主要部前置型言語の文を扱う際には、ワーキングメモリは不要です。なぜなら左側主要部の規則に従えば、文の種類に関わらず、話者は即座に自己移入の対象を特定できるからです。いいかえると短期記憶を保持する必要がないため、顕在意識が1チャンクであったとしても主要部前置型言語を扱えます。

一方の主要部後置型言語について、仮にその話者のワーキングメモリが機能していない場合、一部の複文を円滑に扱えません。一度で理解したり表出したりすることができないため、その複文をもう一度文の冒頭から理解、あるいは表出しなければなりません。なぜなら、右側主要部の規則に従うと、自己移入の対象を特定できないまま、従属節をスキャンする必要が発生する場面が存在します。すると複数の短期記憶を同時に保持する必要があります。言い換えるならば、顕在意識が2チャンク以上に分割されていることが必要です。

しかし、右側主要部の規則に従って作成される複文を扱うすべての場合で、ワーキングメモリが不可欠になるとは限らないと私は考えています。この持論は、私自身が抱える頭蓋骨縫合早期癒合症に起因する容量性注意障害、特異的言語発達障害の症状から導き出しました。つまり、ワーキングメモリが無効化されていたとしても扱える複文が存在します。よって、「比較的扱いやすい複文」と「扱いにくい複文」には規則性があると私は考えます。

「比較的扱いやすい複文」の特徴

主要部被修飾複文の場合、従属節を一つの文としてみなすため、重文の処理と同じように処理します。従属節が提示された後に主節の主要部全てが配置されており、中途半端に主節の主要部が提示される(主語だけ提示される)ことはありません。従属節の内容を理解してから主節を理解する、あるいは従属節の内容を表出してから主節を表出するという手順で扱えます。

主要部被修飾複文では、主節中の主語と述語、従属節中の主語と述語の間の距離が短くなっています。厳密に言えば、主語と述語の間に位置する従属部が大きくないじょうたいであるため、単文が二つ並んでいる状態、すなわち重文と同じように扱えます。

叙述を言語で実行するにあたり、人間は主節の主語に対して自己移入します。主要部被修飾複文では従属節の主要部の内容は、自己移入対象である主節の主語に関する情報になります。

この複文を作る際においても、日本語話者は主節、従属節、それぞれの主要部、従属部としての役割と語句に対して即興的に選定します。ワーキングメモリは先導する従属節に関する情報を短期記憶として保持する役割を持ちます。そのためワーキングメモリが存在するに越したことはありません。

しかし、主節を構成する際にワーキングメモリを用いて従属節の保持する必要がなく、ワーキングメモリがなくても、日本語話者は語句の即興的選定に失敗することなく、主要部被修飾複文を扱えます。従属節で言及されている内容は、従属節の後ろに配置される主節の主語に関する内容です。そのため主節を提示している段階で従属節の内容は覚える必要がありません。ゆえに従属節の情報を忘却したうえで、自己移入対象を主節の主語のみにして主節を構成することに人間が注意を向けたとしても、主要部被修飾複文を扱うことが不可能ではありません。

最も難しい日本語の複文の特徴

日本語の主要部のうち、主語の配置は自由ですが、一方の術語の配置は文末と決まっています。そのため日本語で構成される従属部被修飾複文は、語順の面では主要部の完成より従属節の完成が優先されます。つまり、従属部被修飾複文では、主語の位置にかかわらず従属節が主節の術語より左側に位置します。

まず、主節の主語が従属節より左側に配置される従属部被修飾複文(”S SC O V”)について、これを理解するにあたり、従属部を理解している時点ではそれ以前に主語を既にスキャンしているため、「主要部が不完全である」という情報を短期記憶として保持します。この情報の役割は、「従属節の術語」について「主要部の主語の動作を示す術語」として判断することの保留です。この短期記憶を保持しながら従属部につづく主節を理解しなければならないため、ワーキングメモリが必要になると結論付けます。表出の際もほぼ同じ理屈がいえるでしょう。

主節の主語が従属節より右側に配置される従属部被修飾複文(”SC O S V”)について、このタイプの複文を初めて理解する際、従属節を理解している段階では、リスナー側はこれを「主節(仮)」とみなしています。しかし、従属節の被修飾語の句が提示されたとき、リスナー側は「主節(仮)だと考えていたものが従属節であること」に気づきます。そして、被修飾語が主節の従属部であることを理解したとき、「従属節は従属部に関する内容である」という内容の情報を短期記憶として保持しながら、そのあとに続く複文の主要部を理解します。

従属部被修飾複文について、その従属節は主節の従属部に関する内容であるため、主節を構成する際の主語に対する自己移入する際に、従属部に関する情報も同時に保持する必要があります。それゆえワーキングメモリが必要になります。

ワーキングメモリ無効化による「保持エラー」がもたらす言語症状

ワーキングメモリが無効化されている場合、保持する短期記憶の二者択一を迫られることになり、「保持エラー」(オリジナル表現)の発生が必然化します。そのため、別の短期記憶の保持と同時に短期記憶を長期記憶に変換する作業の実行が困難になります。すると、従属部被修飾複文を扱うことが困難になります。厳密に言えば、一度で従属部被修飾複文を扱えず、反復することでこれの理解や表出が可能になります。

そして、これが容量性注意障害に起因する特異的言語発達障害の病理であることを私は提言します。容量性注意障害に起因する特異的言語発達障害の症状に関する詳細は、以下の記事で紹介します。

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp