当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

日本人でも日本語は難しい:ワーキングメモリを酷使させる、従属部に従属節がつく複文

 

複文の理解、表出は難しい

おそらく日本語に限らず、すべての言語で言えることだと思いますが、存在する複数の節のあいだに階層構造が存在する文である複文が、最も認知が難しい文であるといわれています。言語学者が執筆されているブログの記事でも、複文の認知が難しいことが言及されています。

「まだ文のネストが処理できないようで、関係節(連体修飾)も分からないようである。重文は理解できるが、複文は理解できない、ということかもしれない。ただ、複文の中でも一部理解できる構文もあるので、どういう構造の複文がダメなのか興味深い。」

komachi.hatenablog.com 

上のリンクでは、子供の場合が記されています。学童期は神経発達の途中であり、同時に言語発達の途中でもあります。その子供の言語表出と言語理解の特徴を見てみると、大人ほど十分なものではないことは想像に難くありません。

ちなみに、知能に問題がないといわれている大人でも、複文を理解できない、そして表出できない人は、結構多いです。器質性精神障害言語障害を患っていかったとしても、そうなのです。物事を深く考えることがない外向的な人物は、一見するとおしゃべりですが、単文や重文を多用しており、複文を話していない傾向があります。

複文の理解と表出を達成するためには、実行機能(前頭前野が担う)をフル活用しなければいけません。要するに、複文はそれなりに集中していなければ扱うことができない言語情報です。

複文が難しい言語情報であるといえる2つの理由

日本語で複文を認知(理解および表出)することが難しいといえる根拠は、2種類の観点から提示可能です。まず意味的な観点からの根拠とは、「節」という主語述語の組み合わせが複数存在し、そしてその組み合わせの間には、主節と従属節というように「ランク」が存在していることが挙げられます。複文を認知する際における意味的な問題を解決するためには、通常の文を認知するときよりもいっそう集中しなければなりません。そのため、実行機能が重要です。特に余計なことを考えていては扱えないので情動抑制は最低限必要です。

次に、統語論的(文法的)観点からの根拠とは、右側主要部の規則が多用されている文であることが挙げられます。右側主要部の規則は、主要部を補助部の右側すなわち従属部を提示した後に配置するというルールです。主要部に関する説明と、文の主要部に該当する主節の述語については以下の記事で紹介しています。

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

この記事で紹介する、日本語で用いられている右側主要部の規則は以下の通りです。

  1. 日本語は主要部終端型言語(SOV型)です。文の主要部である主節の述語より先の位置に、目的語や補語が配置されます。
  2. 修飾語は被修飾語より前に配置されます。節も同様に、修飾節は被修飾語より前に配置されます。

先述の通り、右側主要部の規則は文法面での難しさに該当します。日本語が持つ難しさの一つだった高い言語性知能の要求は長期記憶で対処するものであるのに対して、こちらは短期記憶で対処しなければなりません。そのため、積み上げてきた努力で必ず対処できるものではなく、このハードルを乗り越えられるか否かは脳の状態によって決定されます。

目的語の従属節を認知するためのワーキングメモリ

理解しやすい複文と理解しにくい複文

日本語の場合、目的語に従属節が形成される複文が脳機能に負荷をかける文であることがわかりました。厳密にいえば、文の主節の従属部に従属節がつく複文ということになります。逆に言えば、主節の主要部の構成素、すなわち主節の主語に従属節がつく複文は、脳機能に負荷をかけないということです。ここでは「目的語の複文」と表現します。

「目的語の複文」が脳機能に負荷をかける文であるという根拠は、主節を短期記憶として保持しながら従属節を認知しなければ、文全体の意味を認知できないことにあります。

理解しにくい複文を理解する手順

文を理解する際、主要部である述語をスキャン(読取)して初めて、人間は文の意味を長期記憶として貯蔵し、文の意味を理解します。主節および従属節を理解するときも同様です。

この複文は、主節の主語の後に目的語の従属節が配置され、最後に主節の述語が配置されるという構造になっています。そのため、主節の主要部をスキャンできていない状態で従属節をスキャンしなければなりません。当然、この段階では主節の意味を長期記憶として貯蔵できません。そのかわり、主節の主語の意味のみを短期記憶として保持します。

従属節の述語をスキャンすると、短期記憶だった従属節の意味を長期記憶に変換します。この変換作業は、主節の主語の意味という短期記憶の保持と同時に実行します。

すなわち、人間がこの複文を理解する際に、短期記憶の保持を同時に実行しています。「別の短期記憶の保持と同時に、短期記憶から長期記憶に変換する」ために必要な脳機能が、ワーキングメモリです。

ワーキングメモリは、複数の短期記憶を保持するための脳機能で、実行機能の一部としてみなされています。

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

従属部に従属節がつく複文の認知過程と、主要部に従属節がつく複文の認知過程のちがいに関する詳細は、後日投稿する記事の中で紹介します。

また、左側主要部の規則の採用がほとんどの言語である英語と、右側主要部の規則の採用がほとんどの言語である日本語を比較して、文法面において英語がどれだけ簡単な言語であるか、そして日本語を扱うことが難しいかについても、当ウェブサイトで紹介する予定です。

ワーキングメモリ無効化による「保持エラー」がもたらす言語症状

ワーキングメモリが無効化されている場合、保持する短期記憶の二者択一を迫られることになり、「保持エラー」(オリジナル表現)の発生が必然化します。そのため、別の短期記憶の保持と同時に短期記憶を長期記憶に変換する作業の実行が困難になります。

すると、「目的語の複文」の認知が困難になります。発生する問題のタイプは以下の通りです。

  • 主節の主語を忘却
  • 主節における主語と述語の不一致
  • 従属節の構成素の統語的役割の認知が不可能。

そして、これが容量性注意障害に起因する特異的言語発達障害の病理であることを私は提言します。容量性注意障害に起因する特異的言語発達障害の症状に関する詳細は、以下の記事で紹介します。

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

まとめ

  • 複文の認知には実行機能が必要です。
  • 「目的語の複文」の認知には、ワーキングメモリが必要不可欠になります。
  • 節の述語のスキャンによって、短期記憶だった意味を長期記憶に変換できます。
  • ワーキングメモリが無効化された場合、別の短期記憶を保持と同時に長期記憶への変換を実行できないという持論。
  • 「目的語の複文」の認知困難と容量性注意障害に起因する特異的言語発達障害の関連性は濃厚。