当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

日本人でも日本語は難しい:文末に述語を配置する理由(SOV型言語)

日本語が難しい言語であるといえる根拠のひとつに、語順が挙げられます。日本語をつかった正しい文の構造は、主語(S)、目的語(O)、述語(V)という順番です。そのため、統語的類型論(語順で言語の分類する方法)では、日本語は主要部終端型言語(SOV型)に分類されます。

日本語が「主要部終端型言語である理由」というアプリオリに迫る疑問は、ほかのウェブサイト上でも提起されていました。

oshiete.goo.ne.jp

しかし、この質問に対する、説得性のある答えは存在していないようです。言語学の存在意義の一つがまさにこれであり、有史以前にまでさかのぼる必要があるため、本当の答えは、永久にわからないままかもしれません。

今回の記事ではこの問題に対する私自身の回答を紹介します。 

 

日本語は主要部終端型言語

言語学における主要部の定義

言語学のうちの統語論で用いられる「主要部」の意味を紹介すると、「それを含む句の統語論的な性質、役割を定義づける語」とあります。

言語情報は最小単位から、「語」、「句」、「節」、「文」に分類されます。主要部の定義に従った例を紹介すると、「大きなリンゴ」という名詞句では、「リンゴ」という主要部に「大きな」という従属部が修飾しているという構造になっています。修飾語・被修飾語の関係でいいかえれば、被修飾語に該当するのが主要部です。

動詞句における主要部は動詞です。「食べられる」という動詞句を分析すると、「食べる」の連用形に該当する「食べ」という主要部の後に助動詞「られる」が従属部として修飾しているという構造になっています。

主要部の位置(右側主要部の規則、左側主要部の規則)

これまでの説明では、句と語の関係でしたが、節と句の関係も同じように言えます。「あなたが昨日買ってきたリンゴ」という名詞節があったとします。この節の主要部は「リンゴ」であり、従属部は「あなたが昨日買ってきたリンゴ」です。

先述した動詞句の構造を除き、日本語では主要部が従属部の後、すなわち横書きにした時の右側に配置されます。これを右側主要部の規則といいます。一方の動詞句の場合は、従属部に該当する助動詞より主要部である動詞が先に配置されます。そのため左側主要部の規則が適用されているということになります。

英語では、"a big apple"のように右側主要部の規則のケースがありますが、ほとんどの場合が左側主要部の規則が適応されています。関係代名詞および関係副詞による従属節形成、分詞による2語以上の従属節形成、"It is A to B" などがこれ該当します。

日本語では文の主要部が述語であるといえる根拠

言語学における定義では規定されていませんが、文の主要部が主節であることが認められています。「一般に動詞は文の主要部と考えられている」という旨が、東京外国語大学のウェブページ*1にも記されています。

主節は「文の主要部たる節」です。このようにいえる根拠は、主語とそれに対応する述語の組み合わせが、第1文型として成立することから明らかです。

英語では主節が文の主要部ですが、日本語の場合はさらに少なくなり、「主節の述語」が文の主要部としてみなされています。動詞が存在するだけで文が成立します。なぜなら、その述語に対応する主語が省略されたとしても、文として意味が通じるからです。

一方の英語では、日本語のように述語だけで十分というわけにはいきません。少なくとも文語の場合、日本語のように主語を省略できません。なぜなら、動詞だけでは文どころか節も成り立たないからです。

文の主要部である述語が文末に配置される言語であるため、日本語は主要部終端型言語(SOV型)として分類されています。

語句の順番が変わっても文の意味が変わらない日本語

日本語がSOV型であることはあくまでもそれが規範文法であるゆえに、統語的類型論の分類でそのように規定されていることにすぎません。ご存じの通り、日本語の文は語句の順番が自由に入れ替わったとしても文の意味が変わることはありません。なぜなら文における位置が役割を決めるのではなく、語のあとにつく助詞によって決まります。

形態的類型論による分類によると、日本語は膠着語で、これに対して英語は屈折語の性質を強く持つ言語であるといわれています。その意味について、引用元のnoteの文を紹介します。

膠着語とは、助詞などにより単語同士を結びつけることで意味を表す言語である。たとえば、日本語がある。

屈折語とは、単語の語形変化によって意味を表す言語でありロマンス語やゲルマン語がその代表例である。

屈折語といってもその度合いは様々である。たとえば、ラテン語では語形変化がすべてであり語順は関係ない。実際、語順を変えても意味は変わらない(ことになっている)。一方で英語は次第に「孤立化」していると言われていて、曲用や活用などの語形変化が単純化している。すなわち、英語は語順に依存していると言ってよい。*2

英語ではSVOという順番で文が構成されます。語順を崩せば文の意味が変化します。

これに対して日本語が膠着語の性質を持つといわれるのは、句が助詞と語の組み合わせで形成されることに由来します。語につく助詞の意味が変化した場合、同時に句の意味が変化します。

一方、英語とは異なり句の順番は文の意味に影響を与えません。単文の場合SVOでもSOVでも、句の中身さえ変わらなければ意味は同じままです。さらには倒置法(OVS)という語順もあります。複文の場合も節の中身を考慮すれば問題ありません。

動詞を文末に配置する理由:命題内容のあとにモダリティを配置

膠着語の性質を持つ日本語は、句の配置を変えても文の意味は変わりません。日本語は英語のようにSVOの順番で文を表現できますし、意味も変わりません。しかし、文語はもちろん、話し言葉のなかで倒置表現を積極的に用いることはありません。日本語を話す日本人が述語を文末に配置する理由について、モダリティ表現を文末に配置するというこだわりであると私は考えます。

文(発話)の意味内容は,大きく分けて,1)「叙述の素材」としての客観的な意味内容 と,2)「文の述べ方」に関わる主観的な意味内容という2つの部分からなる。前者は「命題内容」(言表事態),後者は「モダリティ」(ムード,言表態度)と呼ばれる(「ムード」 は,「ヴォイス」「アスペクト」「テンス」と並ぶ述語の形態に関わる概念として限定して用いられることもある)*3

人間が発話する文の意味内容のうち、相手に伝達する情報を「命題内容」といいます。この情報の伝達を優先させたいという日本人の考えが、日本語には反映されているように私は考えます。例を挙げると「リンゴを食べたかもしれません」という文のうち、「かもしれない」はあくまでも発信者の主観の意味が込められているモダリティ表現に該当します。それを冒頭に持ってくるよりは、「リンゴを食べた」という命題内容の伝達を優先させるということです。

しかし、依然として疑問は残ります。主節の述語は命題内容の一部です。これを文末に配置する理由というより、文末に配置せざるを得ない理由というべきでしょう。

日本人が日本語を話すうえで文末に配置したかった句は動詞ではなく、助動詞です。その助動詞がモダリティ表現、すなわち話し手の主観の意味を持つことが多い句に該当します。モダリティ表現には、「かもしれない」や「できる」といった純粋な助動詞や、敬語表現などが挙げられます。

名詞節を使いたがる日本人

しかし、日本語は膠着語であるため、助動詞の使用が不便なシチュエーションがいくつも発生します。まず、「わかる」という動詞に可能動詞を付ける際、「理解できる」というように類義語の動詞で言い換えるか、「わかることができる」というしかありません。

敬語表現も同様です。日本語には「おっしゃる」のような「完全変態」、すなわち元の動詞の面影がない敬語表現がありますが、すべての動詞にそれが存在するわけではありませんし、あったとしてもそれらをいちいち暗記するのは大変です。ですので動詞の連用形に「られる」をつけたほうが良いです。

しかし、ら抜き言葉という日本語の乱れがあるように、「られる」と「れる」の使い分けを適切に実行できないすることが困難であるにも日本人は躊躇します。そこで「られる」にかわり、「される」といいます。

目上の人と会話するときのような丁寧な表現を用いるべき状況では、文末表現として日本人は動詞の連用形に助動詞をつけるという活用表現より、名詞節の後に「できる」や「される」を使用する傾向があります。

また、「することができる」や「をされる」と表現した方が、念押ししているというモダリティをさらに伝達できるという効果があるように感じます。 

難しい日本語の語順と脳の疲労

 日本語のSOVという語順は、日本語が抱える文法面での難しさであると私は考えています。日本語には語彙面での難しさと文法面での難しさをそれぞれ抱えています。語彙面での難しさは、国民性に良い影響を与えていると私は考えています。これに対して、文法面での難しさは、ストレッサー以外の何物でもないと思います。

もし、日本語の文法がストレッサーであるならば、第3次産業が主流となった現代の日本社会では言語行為の重要度および頻度がともに上がったため、そのストレッサーに晒されることが多くなり、ストレス反応のリスクが上がります。そのストレス反応が、脳の疲労です。

日本語というストレッサーが脳に与える影響が、ワーキングメモリの酷使です。すなわち複数の短期記憶の同時保持をすることが、日本語の場合多いということです。

日本生まれの日本人である私からしてみても、日本語を正しく話したり書いたりすることは大変だと思います。単文はそうでもありませんが、複文を表現したいときにそのように感じます。

話したり書いたりなどの言語表出だけでなく、リスニングや文章読解も同様です。ここ以外のウェブサイトでも、同様の書き込みがあり、同意している方もいる状況です。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私は、「容量性注意障害に起因する特異的言語発達障害」を抱えています。そのため、日本語を使用しているときに、複文の認知という言語行為の困難性を意識することが多くあります。

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

一方、英語の複文ではその困難性が意識することなく、その認知を難なくできます。そこで、私は日本語を英語の語順で理解、表出するようにしたところ、いくだんか簡単に認知できると感じるようになりました。このことから、日本語と英語の語順の違いが、ワーキングメモリが必要になる場面の有無にかかわっていると考えています。詳細は後日投稿する記事の中で紹介します。