当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

言語障害(音声言語医学)

特異的言語発達障害で認められる症状の特徴、そしてその正体(原因)は容量性注意障害であるという提言

キーワード:ワーキングメモリ、聴覚情報処理障害、複文、容量性注意障害、早期癒合症

大人に対して特異的言語発達障害を診断できない原因、「特異的言語発達遅滞」に対する公式見解

特異的言語発達障害の診断対象は未成年 「特異的言語発達遅滞」の由来 「特異的言語発達遅滞」が解消されるという解釈 大人になっても特異的言語発達障害は存在する。 (リンク)特異的言語発達障害の成人当事者の症例、病理について

音読しても黙読しても文章理解できない原因とは? 読解力が低下する原因(ADHDとうつ病、容量性注意障害)

文章読解に必要な脳機能(言語野を除く) 音読と黙読の効果の比較 読解力低下の原因の大分類 行動障害に「読む行為」を阻まれるADHD 抑うつは脳機能全般を低下させる 音読は上手だけど内容理解が伴わない容量性注意障害 容量性注意障害に起因する特異的言語…

うっかりミス(不注意)が多い病気「容量性注意障害」の評価方法と原因疾患

インターネット上の検索エンジンに「ワーキングメモリ」と入力すると、「少ない」、「小さい」、「弱い」というネガティブ形容詞や、「容量 増やす」「鍛える」という表現が続きます。 当記事ではワーキングメモリのみに悪影響が及ぶことで発生する「容量性…

「聴覚情報処理障害」の問題点:その定義をめぐる論争についての論評 / 「聴覚情報処理障害」の狭義、広義

キーワード:聴覚情報処理障害の定義、発達障害、ADHD、自閉症スペクトラム、容量性注意障害 聴覚情報処理障害の診断上の問題点 上がる知名度と問題点… 問題点その1:聴覚情報処理障害の評価方法が確立されていない 問題点その2:定義が決まっていない…

人の話を聴き取れない、理解できない聴覚情報処理障害は何科で診断できる? / タイプ別診断チェックリスト(ADHD, 自閉症スペクトラム障害, 容量性注意障害)

聴覚情報処理障害を診断できる専門の施設に関する情報、および聴覚情報処理障害のタイプ別診断チェックについての記事です。(キーワード:ADHD、聴覚過敏、特異的言語発達障害、口下手)

人の話を理解できない、聴き取れない「聴覚情報処理障害」とは? / ワーキングメモリ、発達障害との関係 / それぞれのタイプにおける聞こえ方の特徴、および原因疾患

聴覚情報処理をつかさどる機能が低下する3タイプの精神障害の病理を、当事者の観点から考察します。 キーワード:音声認識、言語理解、カクテルパーティー効果(選択的注意)、音韻ループ、ワーキングメモリネットワーク、マルチタスク、注意資源(注意容量…

特異的言語発達障害による言葉の遅れ(言語発達遅滞)の一症例、勉強嫌いの理由と大学進学できた理由や特技など

言語性知能の低下を伴わない一方で、言語の理解と表出に困難性が認められる特異的言語発達障害の評価対象は、未成年のみに限定されています。 成人当事者については評価基準が未確立であり、2020年も評価できる状態にはありません。それ以前に、日本語におけ…

学校の成績不振を引き起こす特異的言語発達障害(教科書理解できない、授業でメモ取れない)

特異的言語発達障害に関する説明と、私自身の症例については別の記事で扱っています。 atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp 特異的言語発達障害が学業を達成するうえでの障壁となります。しかし、特異的言語発達…

コミュ障の種類について学術的に考えてみた

コミュニケーション障害(以下、コミュ障)とは、相手とのコミュニケーションに何らかの障害が生じている状態を指します。 ここでは性格や一時的な心理状態や知識の有無などとは関係のない、真正のコミュ障を認知科学の視点で分析します。 第1 コミュニケー…