当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

早期癒合症の顔貌(整容的問題)

症例報告:頭蓋骨縫合早期癒合症で首と顎の境目がなくなり、男なのに喉ぼとけが見えない

「頸筋症候群」(首コリ)の当事者である私自身の症例をもとに、私自身が「首猫背」をとらざるを得ないの原因を紹介。キーワード:首コリ、頚性神経筋症候群、二重あご、頭蓋骨縫合早期癒合症、一重まぶた

頭蓋骨縫合早期癒合症の見た目と見分け方:「ウルトラマン」な骨性隆起と「頭皮の下垂」でたるむ顔貌

早期癒合症の見分け方についての一般認識 軽度の早期癒合症の見た目(整容的問題) 私自身の症例(ウルトラマンと一致?) もう一つの見た目:頭皮の下垂 一重まぶた 顎と首の境目がない 生え癖がいびつな髪の毛 「頭皮の下垂」の二次障害:首猫背 軽度な早…