当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

光トポグラフィー

光トポグラフィー検査を用いた高次脳機能障害(外因性精神障害)の診断という提案

大脳皮質の血流量変化のみを解析できるというNIRS検査の特長、一部の高次脳機能障害(配分性注意障害)を確定診断できる根拠、軽度外傷性脳損傷や頭蓋骨縫合早期癒合症との関連性

光トポグラフィー検査で得られる血流変化量陰転波形の考察:配分性注意障害(容量性注意障害)における代償機能、ワーキングメモリネットワークとデフォルトモードネットワーク

「うつ病傾向波形」として精神医学に見なされている陰転波形を、「うつ病傾向波形」とは全く異なる病理を持ち、原因疾患も異なります。 マルチタスク時の血流量陰転は、大脳皮質の機能が無効化されている状態における、ほかの脳部位による代償機能を示してい…

光トポグラフィー検査(NIRS)で得られる波形の「臨床判読」における課題:「うつ病」の定義と陰転波形の扱い

抑うつ症状に対する光トポグラフィー検査(NIRS検査)を用いた診断について / 空間分解能の低さに起因する問題点 / 「うつ病傾向」と気分変調性障害の関係 / 陰転波形の原因はうつ病ではなく、高次脳機能障害である