当事者研究ブログ「大人の頭蓋骨縫合早期癒合症」

頭蓋骨縫合早期癒合症(軽度三角頭蓋)と高次脳機能障害(容量性注意障害)に関する当事者研究の記録です。言語性ワーキングメモリと日本語(右側主要部の規則)の関係、デフォルトモードネットワークの機能について研究しています。目的①頭蓋骨縫合早期癒合症を成人症例、生活史を記事としてまとめること。目的②特異的言語発達障害の当事者研究をもとに、日本語が日本人の思考に与える影響(サピアウォーフ仮説)を考察すること。

ワーキングメモリ

日本人でも日本語は難しい:ワーキングメモリを酷使させる、従属部に従属節がつく複文

複文の理解、表出は難しい 複文が難しい言語情報であるといえる2つの理由 目的語の従属節を認知するためのワーキングメモリ 理解しやすい複文と理解しにくい複文 理解しにくい複文を理解する手順 ワーキングメモリ無効化による「保持エラー」がもたらす言語…

音読しても黙読しても文章理解できない原因とは? 読解力が低下する原因(ADHDとうつ病、容量性注意障害)

文章読解に必要な脳機能(言語野を除く) 音読と黙読の効果の比較 読解力低下の原因の大分類 行動障害に「読む行為」を阻まれるADHD 抑うつは脳機能全般を低下させる 音読は上手だけど内容理解が伴わない容量性注意障害 容量性注意障害に起因する特異的言語…

音読に意味がないのか?音読で必ずしも文章理解できるとは限らない

学業の本質である読解は、マルチタスク 読解力の重要性、比重のおおきさ 言語教育における音読の目的 「読み」の実践を確認するため 音読の効果:二重課題の強制手段 「音読」と「読解」は別々の認知(情報処理)である 読解に必要不可欠なワーキングメモリ …

狭義のワーキングメモリの定義(意味)と「実行機能」との混同

ワーキングメモリという言葉は、仕事効率化や発達障害に興味を持つ方々であれば聞いたことがあるはずです。結構有名な言葉です。 「ワーキングメモリ」という言葉をググってみると 「ワーキングメモリ 弱い」 「ワーキングメモリ 少ない」 「ワーキングメモ…

光トポグラフィー検査で得られる血流変化量陰転波形の考察:配分性注意障害(容量性注意障害)における代償機能、ワーキングメモリネットワークとデフォルトモードネットワーク

「うつ病傾向波形」として精神医学に見なされている陰転波形を、「うつ病傾向波形」とは全く異なる病理を持ち、原因疾患も異なります。 マルチタスク時の血流量陰転は、大脳皮質の機能が無効化されている状態における、ほかの脳部位による代償機能を示してい…

光トポグラフィー検査(NIRS)で得られる波形の「臨床判読」における課題:「うつ病」の定義と陰転波形の扱い

抑うつ症状に対する光トポグラフィー検査(NIRS検査)を用いた診断について / 空間分解能の低さに起因する問題点 / 「うつ病傾向」と気分変調性障害の関係 / 陰転波形の原因はうつ病ではなく、高次脳機能障害である

うっかりミス(不注意)が多い病気「容量性注意障害」の評価方法と原因疾患

インターネット上の検索エンジンに「ワーキングメモリ」と入力すると、「少ない」、「小さい」、「弱い」というネガティブ形容詞や、「容量 増やす」「鍛える」という表現が続きます。 当記事ではワーキングメモリのみに悪影響が及ぶことで発生する「容量性…

学校の成績不振を引き起こす特異的言語発達障害(教科書理解できない、授業でメモ取れない)

特異的言語発達障害に関する説明と、私自身の症例については別の記事で扱っています。 atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp 特異的言語発達障害が学業を達成するうえでの障壁となります。しかし、特異的言語発達…

発達障害含める精神疾患とワーキングメモリの関係(ADHD、うつ病、容量性注意障害)

通俗的にあいまいな使われ方をしている「 ワーキングメモリ」という表現について、神経心理学、認知心理学の観点で考察し、発達障害との関連を言及しました。 キーワード:実行機能、アランバッデリー、ワーキングメモリネットワーク、前頭前野背内側部(DLP…