「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

頭蓋骨縫合早期癒合症と特異的言語発達障害(聴覚情報処理障害)の当事者研究ブログです。主にワーキングメモリ(注意容量と音韻ループの関係)について研究しています。当ブログの記事における内容及び理論は無断での引用は禁止ですが、リツイート推奨(笑)。更新情報はツイッターで配信しています。(キーワード:特異的言語発達障害(聴覚情報処理障害)、音韻ループ、軽度三角頭蓋)

「聴覚情報処理障害」の問題点:その定義をめぐる論争についての持論(「聴覚情報処理障害」の狭義、広義)

キーワード:聴覚情報処理障害の定義、発達障害ADHD自閉症スペクトラム

 

聴覚情報処理障害の知名度は上がった。けれど…

聴覚情報処理障害は、近年になってようやく研究者の間だけでなく、一般の間にも浸透するようになりました。

それは、小渕千絵先生が執筆を手がけた以下の書籍が貢献しているところが大きいでしょう。 

きこえているのにわからない APD[聴覚情報処理障害]の理解と支援

きこえているのにわからない APD[聴覚情報処理障害]の理解と支援

 
 

インターネット上でもこの書籍がクローズアップされ、徐々にその概念の知名度は上がっていきました。そして現在では聴覚情報処理障害の専門医療機関では、多くの予約待ちにより、込み合っている状態とのことです。 

しかし、聴覚情報処理障害はまだ多くの問題点を内包する疾病概念です。まず、聴覚情報処理障害の診察の現場では、混乱があるとのことです。 

APDに関しては原因や評価、支援方法などが確立されているとは言えず、医療機関教育機関での混乱も大きい*1

また、聴覚情報処理障害の定義は決まっていないようで、定義を巡る論争があるとのことです。

聴覚情報処理障害に関しては,研究端緒から半世紀を超しているにもかかわらず,用語や定義についても議論が絶えない。臨床像や対処法等では明確な点が多かったにもかかわらず,原因論や検査方法などは問題点が数多く指摘されてきた。(太田、八田, 2010 抄録)

ci.nii.ac.jp

なぜ混乱が起きているか?そして、なぜ定義に関する論争が続いているのか?

これらは同じ原因です。

その原因とは、聴覚情報処理障害に、原因が不明であるサブタイプが存在していることです。 

成人例のうち6名については、明らかな背景要因が考えられず原因不明に分類した。…これらの対象者については、明らかな診断が行われていなくとも記憶や注意の面には弱さが見られると考えられる。 *2 

病理が不明であれば、支援のハウトゥーが開発できませんし、また、病理が不明であるこの疾病の定義を決めるというのは「悪魔の照明」のようなものであることは理解できると思います。

すると、なぜ、そもそも「聴覚情報処理障害」が存在するのか、という疑問が出てきます。

それは、聴覚情報処理障害のなかにADHD、および自閉症スペクトラムの病理では説明できない症状群が存在することが、臨床で明らかになっているからです。しかし、その病理を既存の理論で説明することは、とうとう今日に至るまで達成できていません。

 

聴覚情報処理障害の定義に関する、自作概念の紹介(広義と狭義)

聴覚情報処理障害のサブタイプとして、ADHD自閉症スペクトラム障害、原因不明のものが含まれることから、聴覚情報処理障害の本質が症状概念であり、疾病概念ではないといえます。このことは研究者である小渕先生も「聞き取り困難を抱える症候群」と表現していることからも明らかです。すると、シンプルに「聴覚情報処理障害」と表現した場合、どのタイプを指すのかがわからない事態に陥ってしまいます。

そこで当ブログでは、聴覚情報処理障害を、以下の2つの概念で分類します。

 

聴覚情報処理障害の定義が広すぎる!

音声言語医学による聴覚情報処理障害の研究が普及したことによって、聴覚情報処理障害の知名度が上がり、聴き取りの困難性を抱える当事者の間でも、「聴覚情報処理障害の当事者」を名乗る人物がインターネット上に現れるようになりました。

このことは、聴覚情報処理障害の実態把握の必要性という観点で考察すると良い傾向であり、聴覚情報処理障害のエビデンスを収集できるという意味で、重要な段階であると評価できます。

しかし、ここには問題点があります。音声言語医学が提唱している聴覚情報処理障害の定義は、広義の聴覚情報処理障害です。

言い換えると、音声言語医学が採用している聴覚情報処理障害の定義が広すぎるのです。

「狭義の聴覚情報処理障害」と「広義の聴覚情報処理障害」とでは、たしかに「雑音下でのコミュニケーションの困難性」という共通点を持ちます。しかし、それはあくまで結果論であって、雑音下でのコミュニケーションの困難性に至る原因は、それぞれ全く異なります仮に聴覚情報処理障害の当事者研究を試みる動きがあったとしますと、そこには発達障害による聴覚情報処理機能の低下症状を抱える当事者群と、狭義の聴覚情報処理障害を抱える当事者群が参加するでしょう。

すると、当事者研究の一環で情報交換をしたときに、異なる病理の人の情報は全く参考になりません。そのうえ、自身の症状について十分な情報を持たない人物には、自身の症状の本質の洞察を誤る危険性があります。

 

広すぎる聴覚情報処理障害の定義を厳格化せよ

「広義の聴覚情報処理障害」を採用しているままでは、聴覚情報処理障害は特定不能の症状概念のままであることには変わりはなく、疾病概念として失格です。

では、疾病概念へと昇華させるにはどうすればよいか?この問いに対する私の持論を提言します。

まず、「聴覚情報処理障害」の定義を「狭義の聴覚情報処理障害」に変えるべきでしょう。聴覚情報処理障害に対し厳格な定義付けを行い、発達障害による聴覚情報処理機能の低下、およびその二次障害である心因性難聴からきりはなすべきです。

 

原因不明の聴覚情報処理障害の正体は「特異的言語発達障害

しかし、このまま狭義の聴覚情報処理障害の定義に移行したとしても、その発生メカニズムが不明であるために、疾病概念に昇華できません。ですので、狭義の聴覚情報処理障害の病理を解明することは急務であるといえます。

以下、狭義の聴覚情報処理障害の病理に関する持論を展開します。原因不明の「狭義の聴覚情報処理障害」は、特異的言語発達障害による症状のうちの聴覚情報処理面における問題であると私は結論付けています。

これは暴論ですが、もし特異的言語発達障害の病理と狭義の聴覚情報処理障害の病理同一であることが判明した場合、聴覚情報処理障害という概念はなくなるかもしれません。

なぜなら、狭義の聴覚情報処理障害には特異的言語発達障害以外に存在しないからです。その論拠に、小渕千絵先生の臨床研究のなかで、聴覚情報処理障害の分類で挙げられている類型は、広義の聴覚情報処理障害を含めた場合、ADHD自閉症スペクトラム障害、そして原因不明の聴覚情報処理障害の3種類のみです。

また、聴覚情報処理障害は聴覚情報処理面に限定した疾病であるのに対して、特異的言語発達障害はすでに言語理解および言語運用の面での悪影響が報告されているため、病理解明が進んでいるといえます。

 

参考文献

小渕千絵「聴覚情報処理障害の評価と支援」, 2015

www.jstage.jst.go.jp

 

*1:小渕, 2015, p. 302

*2:小渕, 2015, p. 303