「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

認知心理学の研究をする頭蓋骨縫合早期癒合症の成人当事者が考えたことを書いていきます。扱っている症状は原因不明のものばかり(泣)。当ブログの記事における内容及び理論は無断転載及び引用は禁止です。

<発達障害と頭蓋骨の関係に関する論考> 頭の大きさと形の特徴から発達障害の有無を導き出せるか

検索エンジンに「発達障害」という言葉を入力したあとに出てくる検索候補に、以下のような情報が存在します。

発達障害 頭デカい」

発達障害 頭が大きい」

 

また

自閉症 頭が大きい」

自閉症 頭囲」

 

というものも存在します。

検索候補として挙がるということは、発達障害の原因を頭の大きさにあると考えている人が、ある程度存在することを暗示しています。

そこで今回は、精神障害の頭蓋骨の大きさ、および頭蓋骨の形のいびつさとの関係について論じます。

 

 

第1 目的:骨相学の再興、類型論で終わらせない

今回の「頭蓋骨の大きさや形から、精神障害の関係について論じる」というテーマは骨相学の目的であるといえます。しかし、骨相学が担っていた役割は心理学が担うようになりました。なので、今回のテーマを現代的に表現するならば、一種のパーソナリティ類型論といえるでしょう。

外見的特徴をもとにして、その人間が持つ性格に関する推論を立てるという試みは、心理学の中でも行われてきました。これをパーソナリティの類型論といいます。歴史的にはクレッチマーやシェルドン、ユングといった心理学者が提唱した類型論が有名です。

しかし、類型論とは統計から導き出したアポステリオリな理論にとどまっているものであり、アプリオリ性には欠けているため、絶対的であるとはいえません。例えばクレッチマーによる類型論とは体型から性格を導出するというものですが、この内容が絶対性に欠けることは、明白です。

ただ、類型論について絶対性を与える余地は存在します。そこにアプリオリな理論を付け加えればよいのです。

先に結論を申し上げると、頭の大きさや形から発達障害の有無を導き出す行為は、不確実性が伴います。

そこで、今回の記事の目的は、単に「頭蓋骨が大きい」や「頭の形がいびつである」といった事柄と精神症状の関係性を結び付けるだけでなく、いわゆる病理を論証することにあります。

 

第2 頭の大きさと精神障害の関係が立証されている疾病とは

頭蓋骨に大きさの変化という外見的悪影響と同時に精神症状も引き起こすものとして、現時点で医学的に認知されている疾病は以下のものが挙げられます。

・病的に小さい頭

例:小頭症や無脳症(重度の精神発達遅滞を伴う)

・病的に大きい頭

例:水頭症(重度の精神発達遅滞を伴う)

 

第3 「頭が大きい」は病気の結果か、もしくは病気の原因か

しかし、頭蓋骨の大きさとは生まれながらの個人差によるものもあるわけで、「頭が大きい」というのは、すべてが病気によるものではありません。頭蓋骨が大きいことが持つ精神障害との関連性を考察するためには、この事象のポジションが何処にあるのかを定めなければなりません。

すなわち、「頭蓋骨が大きい」という事象は、精神症状を引き起こす疾病の結果なのでしょうか?それとも原因なのでしょうか?

それぞれのパターンについてみてみましょう。

 

① 「頭蓋骨が大きいことが結果であるパターン」

すなわち精神症状を引き起こす疾病の結果、「頭蓋骨が大きく」なった場合を意味します。

病気 → 頭蓋骨の肥大化 & 精神障害の発生

代表例:水頭症

水頭症のメカニズムは、すでに医学的に実証されています。私から言及することは特にありません。

 

② 次の「頭蓋骨が大きいことが原因であるパターン」

すなわち本来の頭蓋骨が大きいために、精神症状を引き起こす疾病に冒された場合を意味します。

大きい頭蓋骨 → 病気 → 精神障害の発生

このパターンについては医学的には実証されているものは存在しません。

しかし、本来の頭蓋骨の大きさが大きいことを原因とし、なお且つ精神症状(発達障害的症状)を引き起こす疾病として、軽度な頭蓋骨縫合早期癒合症が挙げられると私は考えています。

 

第4 「軽度早期癒合症」について

1 頭蓋骨の大きさが原因であると考える根拠

一般的な早期癒合症は、出産直後だけでなく胎内にいる時点で頭蓋縫合線が完全に癒合し、頭蓋変形が確認できることもあります。

これに対して、「軽度早期癒合症」(軽度三角頭蓋を含める)は、通常の早期癒合症とは異なり、出生時点で頭蓋縫合線が完全に癒合しているわけではなく、生まれてからしばらくの間でも大泉門や小泉門の存在を確認できます。それに加え頭蓋変形の程度は顕著ではないため、専門医が見逃してしまいます。しかし、それでも頭蓋骨縫合が早期に癒合している所見である骨状隆起が存在します。

 

軽度の早期癒合症が発生するメカニズムに関する私の持論については、以下の記事で紹介しています。

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

  

要約しますと、早期癒合は胎内での頭蓋形成段階で発生するのではなく、出産後の骨重積の「戻り」が不十分であったことが原因であり、そしてこれを助長しているのは、頭蓋骨の大きさと母体の産道の幅との相性の悪さであるという推論です。

 

2 軽度早期癒合症による頭蓋骨の形のいびつさ

軽度の早期癒合症が引き起こす頭蓋骨形成のいびつさは、素人の観点だけでなく医師にとっても鑑別しにくいほどの軽微なものですが、臨床研究によると、軽度三角頭蓋の特徴は以下の通りであると報告されています。

・前頭部の骨性隆起

・前側頭部の陥凹*1

 

しかし、軽度の早期癒合症による悪影響は臨床研究が提示している部分だけに限りません。そこで、当ブログでは、軽度の早期癒合症による外見的悪影響を紹介していますので、ご覧ください。

 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

第5 結論:発達障害の有無は導き出せないが…

執筆中です。

 

第6 (補足)自閉症と「大きい頭」の関係

冒頭でも紹介しました通り、自閉症スペクトラムと頭蓋骨の大きさについて関心を持っている方が多く存在するそうです。

詳しくは存じ上げませんが、実際、脳内の細胞の数と自閉症スペクトラム障害の病理を解明するといった研究(例えば「刈り込み」との関連性に関する研究)は存在していたかと思います。しかし、これらは脳組織の多さであり、頭蓋骨の大きさについて言及している研究ではないので、頭蓋骨の大きさが自閉症スペクトラムの発生に直接的に関与しているという研究はありません

しかし、「本来の頭蓋骨が大きいことが原因で軽度の早期癒合症が発生する」という私の推論が正しかったとしましょう。早期癒合症は重症化した場合、大脳辺縁系(海馬を中心とする領域)の神経発達に悪影響が出る可能性が存在します。すると、デフォルトモードネットワークへの悪影響は避けられません。

早期癒合症が原因で自閉症スペクトラム障害の症状が現れている(病理は未解明です)というのが事実であれば、早期の治療がなによりも重要ポイントとなるでしょう。

*1:

日本児童青年精神医学会「児童青年精神医学とその近接領域 57(1)」, p.152 2016年