「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

頭蓋縫合早期癒合症、および「ワーキングメモリ容量減少症候群」(仮)の成人当事者および研究者の視点で考えたことを発信しています。メインテーマは「注意」の認知科学的分析。なお当ブログの記事における内容及び理論は無断使用禁止です。

不注意な精神障害「ワーキングメモリ容量減少症候群」の紹介 (特異的言語発達障害も含める)

 

第1 概要

「ワーキングメモリ容量減少症候群」とは、私が提唱している自作概念である症候群です。現在の精神医学においては、これは特定不能の広汎性発達障害に含まれています。すなわち、学術的には精神障害としての具体性を与えられておりません。その特定不能の広汎性発達障害から「実行機能(ワーキングメモリ)の容量」という切り口より、私が創出した概念が、この「ワーキングメモリ容量減少症候群」です。

その本質は、ワーキングメモリの「小容量化」によって引き起こされる「脳内マルチタスク機能」の無効化です。その症状は広く存在します。

専門分野においても認知されていないことから「処世術」も存在していないため、この精神障害がもたらす社会適応の困難さは独特のものであり、「内因性の適応障害」になる危険性を持っています。

そのため、この精神障害の存在を告知するなかで、その病理を解明し、解決策を提示する必要性を感じたため、当ブログを通して発信することに決めました。

 

第2 「ワーキングメモリ容量減少症候群」の定義

ワーキングメモリの機能の一つである「注意の焦点」の狭小化により、「脳内マルチタスク」を実行する機能が無効化されているため、「複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」に困難が生じている状態です。

ADHDと似ていると思われがちですが、異なります。注意資源の供給に問題はなく、注意制御機能は十分であるからです。ゆえに、衝動性は認められず、集中力も高い。

パソコンで例えるならば、メモリ容量が1gbしか搭載されていない状態です。早期癒合症、軽度三角頭蓋による前頭前野背外側部への圧迫などの異常によって引き起こされることが想定されます。

  

第3 概念説明:「注意の焦点」と「脳内マルチタスク

「注意の焦点」とは、認知科学者のネルソンコーワン(Nelson Cowan)氏が提唱している、ワーキングメモリの機能を指す概念です。

その意味は、短期記憶の容量とでもいうべきでしょうか。情報の貯蔵時に保持可能な情報の最大個数というのが、「注意の焦点」の容量に該当するそうです。

以下は私の考えになります。

認知行為の中には「複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」が存在します。これを達成するための統合処理の材料に該当する複数の情報をワーキングメモリにそろえるためには、既に貯蔵した情報保持をしながら新たな情報を貯蔵するという情報処理様式を採用しなければなりません。この情報処理様式はまるで脳内で行われるマルチタスクであることから、私はこれを「脳内マルチタスクと命名しました。

 

第4 症状の現れ方について

1 本質的症状→「複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」の困難

認知行為には以下の2種類が存在します。

「単独の情報処理で達成可能な認知行為」

「複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」

ワーキングメモリ容量減少症候群の場合、「単独の情報処理で達成可能な認知行為」を実行するのは全く問題ありません。しかし、一方で保持をしながら貯蔵をするという「脳内マルチタスク」を実行できないため、そのプロセスを必要とする「複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」の達成が困難です。

 

2 なぜ「症候群」か?

「連続する複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」の実行の困難は、日常面における「不注意症状」だけでなく、言語面でも悪影響を与えます。特異的言語発達障害(SLI)の原因の一つであると私は考えています。

 

3 症状①:不注意症状1「保持エラー」

ワーキングメモリ容量減少症候群における日常生活上の問題は、不注意症状です。

例えば、モノを紛失するというケースについて分析すると、以下のようになります。

通常であれば、手元に持っていたモノを手放した直後に、新しい別の情報の貯蔵をしたとしても、モノを置いた場所に関する情報が保持が同時が同時に行われるので、モノを紛失を防止できます。

一方で、ワーキングメモリ容量減少症候群の人は、モノを置いた場所に関する情報の保持をしないままに、新しい別の情報の貯蔵をしてしまいます。脳内マルチタスクのうち、新しい情報の貯蔵だけをしてしまった結果の保持エラーが、不注意症状に該当します。

 

4 症状②:不注意症状2「マルチタスクの困難」

注意の焦点が狭小化されていると、一つの認知行為に対する注意だけで注意の焦点が使われてしまうので、マルチタスクが困難です。

例えば、2つのマルチタスクを構成する認知行為のうち、一方が「連続する情報処理によって構成される認知行為」であるならば、それをするだけで手一杯になります。

一方で、両方が「単独の情報処理によって達成可能な認知行為」である場合は、マルチタスクが簡単です。 

例えば、自動車の運転をする際のマルチタスクは、すべて「単独の情報処理によって達成可能な認知行為」で構成されているため、問題ありません。

一方で、新聞を読みながらラジオを聞く行為は、新聞もラジオも文の読解という「連続する情報処理によって構成される認知行為」であるため、絶対に不可能です。

 

聖徳太子はすごいなあと思いますね。(同時に10人の話し相手になったという逸話)

 

5 症状③:特異的言語発達障害

注意の焦点の狭小化は、言語理解および運用に悪影響を与えます。

言語性知能に問題はない一方で、その処理が遅くなるためです。その原因は、本来「脳内マルチタスク」として処理するべき部分を継時処理しているためです。

統語構造が複雑な言語情報になるほど、言語の理解・運用に困難を感じます。

私は、これを特異的言語発達障害の真相であると考えています。

詳細は別の記事で扱います。

 

特徴は以下の通りです。

・リスニング能力の低下

・口下手

・作文が苦手(書きたいことがあっても、構造を練られない)

・文章読解が苦手(言語能力が高くても)

・言語獲得の遅さ(言語発達遅滞)

 

これらの特徴に共通することは、句の運用及び理解ではなく、文の運用及び理解において困難性が存在することです。

詳細は以下の記事で書いています。

 atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

  

第5 対策

「古い情報の保持」と「新しい情報の貯蔵」を同時に処理できない状態においては、これらのタスクを継時的に処理することを常日頃から意識することが、対策になります。

しかし、残念ながらそれは日常生活の範囲内での症状の緩和ができるだけで、言語面の問題を解決できません。そのうえ、処理速度がさらに低下するので、当事者が置かれている環境によっては、例えば迅速性効率性が求められるような職業についている場合ならば、より状況が悪化することが想定できます。

ベストなのは、ワーキングメモリ容量減少症候群を引き起こしている原因を取り除くことでしょう。

 

第6「ワーキングメモリ容量減少症候群」を引き起こすもの

これは私自身の情報を踏まえて導き出した結論ですが、早期癒合症による前頭前野背外側部(DLPFC)への圧迫が、ワーキングメモリ容量減少症候群を引き起こすと仮定しています。 

atama-psycho-linguistics.hatenablog.jp

 

 

第7 (結論)ワーキングメモリ容量減少症候群 = 「脳内マルチタスク機能」の無効化

ワーキングメモリ容量減少症候群の問題点とは、脳内マルチタスクが困難になることで、社会適合に支障をきたすことです。

精神障害として認知されていない理由に、認知科学によって定義づけられている機能概念の無効化では説明できないことにあります。

そこで、私は、実行機能の下位分類に該当する新たな脳機能として「脳内マルチタスク機能」を提唱します。 すると、ワーキングメモリ容量減少症候群とは「脳内マルチタスク機能」の無効化状態といえます。