封印されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

言語学や心理学を学ぶ学生です。きっかけはPDD-NOS(特異的言語発達障害・注意欠陥障害・聴覚情報処理障害)。頭蓋縫合早期癒合症の成人当事者です。遅筆ブロガーです。

注意欠陥障害(ADD)についての考察 その2 ~ADHDとの相違~

私は精神科でPDD-NOSの診断済みです。

注意欠陥障害という診断名がつくのかなと思っていたので、診断されたときは驚きました。

精神医学ではそれが一般的だそうで、株式会社kaienのHPでは、その理由について以下のような見解を示しています。

 

"医師がADDという診断を出すケースが稀なのは、ADHDのほうが包括的(意味が広く)、一般的に使われているからと思われます。わざわざ多動がまったく見られないことを証明することが難しいので、ADDという診断名を付けないということだと考えられます。とはいえ、大人の場合は、周囲がびっくりするような落ち着きの無さ(急に道に飛び出す、10分も椅子に座っていられず歩き回る等)は無いことが通常です。実際上はADDつまり多動は認められないケースが多いといってよいと思います。"

ADDとADHDの違いは? : 大人の発達障害Q&A - 株式会社Kaien

 

さて、今回はADDADHDとの相違について綴っていこうと思います。

ADHDは、ドーパミンなどの神経伝達物質の分泌異常による大脳皮質の働きの低下によって引き起こされる障害です。そして症状は

注意欠陥

・多動性

・衝動性

の3つのキーワードで定義づけることができます。

一方のADD注意欠陥のみの症状です。

ともに治療薬は、メチルフェニデートコンサータなど)となっています

 

ここで、私はある疑問点を投げかけます。

それは、ADHDの注意欠陥ADDの注意欠陥は本当に同じものなのかということです。

私は違うと思います。

ADHDの注意欠陥は、頭のなかで考えていることが多動である故に、それ以外にやるべきことが疎かになること、そして二次的な結果としてパニックにつながることがあるという性質ではないかと。

一方のADDの注意欠陥は、考えられることの容量が小さいためにマルチタスクができず、同時にやれることが限られてくるという性質です。

「コンピュータのメモリ」で例えるならば、

ADHD:処理する事柄の選択ができないため、メモリがオーバーヒートしている状態

ADD:メモリの容量が少ないため、同時に処理できるデータの範囲が限られる状態

といったところでしょう。 

 

先程、治療薬はメチルフェニデートなっています、と表現したのは、薬を飲んでも症状が改善されない場合が存在するからです。

 (私の経験ですと、コンサータは向かないとの判断からストラテラを処方されましたが、効果はないどころか、イライラや睡眠効率低下といった副作用が出たのでダメでした。)

では、なぜメチルフェニデートに効果を示さない「ADHD」が存在するのでしょうか。

私はある仮説を立てます。

注意欠陥の性質を比較したように別の物同士であると仮定しますと、多動をともなうADHD多動を伴わないADDは別物であり、神経伝達物質の異常によって引き起こされている注意欠陥の症状ではないものが存在するからです。

 

医学的にADHDの原因がはっきりしていないというのも、神経伝達物質の分泌異常だけで説明可能な問題ではないからでしょう。

でも、これからもよほどのことがない限り、原因不明のままだと思います。薬で対処できなかった場合には、生活の中で工夫をしながら障害に対処する方向に転換をするように勧められるようになっているからです。

 

「これが原因なのではないか?」

と考えた人は、自分から発信していくほうが良いと思います。

 

私は、このブログで頭蓋縫合早期癒合症と発達障害的症状との因果関係を主軸にしながら、話を展開していこうと思います。

 

私自身、早期癒合症であることが発覚しまして、PDD-NOSの症状の原因がこれであると確信しています。

 

PDD-NOS、あるいはADDの皆さんに尋ねます。

 

おでこやあたまのてっぺんを強く触ってみてください。

山のようになっている部分はありますか?

 

もしあれば、あなたの症状の原因は頭蓋骨にあるかもしれません。

 

詳しい内容は次回に綴っていきます。