「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

頭蓋縫合早期癒合症、および「ワーキングメモリ容量減少症候群」(仮)の成人当事者および研究者の視点で考えたことを発信しています。メインテーマは「注意」の認知科学的分析。

ワーキングメモリ

人はなぜ文を理解できるのか? 言語理解における情報処理と「脳内マルチタスク」の関係についての考察

第1 序論 第2 「句」が言語情報の認知における基本単位であることについて 第3 句の理解と文の理解の相違点について 1 脳内マルチタスクの必要性の有無 2 「脳内マルチタスク」を必要とする根拠 第3 句の理解におけるワーキングメモリ内の情報処理 第4 文…

音読に効果はあるのか?音読と読解の関係に関する論考

読解のためには音読をするとよいといわれています。 言語科目では音読教育が行われています。それは 「音読ができるならば、読解ができる」 という観念が働いているためだといえます。 しかし、オンラインの検索ボックスに「音読」と入力しますと、検索候補…

不注意な精神障害:「ワーキングメモリ容量減少症候群」の紹介 (特異的言語障害など)

第1 序論 第2 「ワーキングメモリ容量減少症候群」の定義 第3 概念説明:「注意の焦点」と「脳内マルチタスク」 第4 症状の現れ方について 1 ワーキングメモリ容量減少症候群の症状→「連続する複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」の困難 2 な…

脳内で行われるマルチタスク:「脳内マルチタスク」の内容(文の認知と句の認知を比較)

第1 (まえがき)通常のマルチタスクと「脳内マルチタスク」 第2 「脳内マルチタスク」の定義 第3 ワーキングメモリ内の情報処理(貯蔵と保持)について 第4 言語情報の認知の際のワーキングメモリにおける情報処理(貯蔵と保持) 1 句の認知の場合 2 文の…

ワーキングメモリとマルチタスクの関係についての持論  

第1 マルチタスクとワーキングメモリの関係を考察する理由 第2 マルチタスクの種類 2 通常のマルチタスク 3 「脳内マルチタスク」 第3 マルチタスクとワーキングメモリの関係 第1 マルチタスクとワーキングメモリの関係を考察する理由 マルチタスクとは…

コミュ障の種類について学術的に考えてみた

コミュニケーション障害(以下、コミュ障)とは、相手とのコミュニケーションに何らかの障害が生じている状態を指します。 ここでは性格や一時的な心理状態や知識の有無などとは関係のない、真正のコミュ障を認知科学の視点で分析します。 第1 コミュニケー…

軽度三角頭蓋の症状の解析(下地先生提供の情報をもとにして)

まずはじめに、軽度三角頭蓋が引き起こす問題の本質は、大脳皮質が圧迫されたことによる中央実行系の機能障害であると主張します。いわゆる「ワーキングメモリの小容量化」です。 このことについての記事は近いうちに投稿します。 それでは今回は、下地先生…

発達障害とワーキングメモリの関係(原因は容量か?それとも機能か?)

目次 第1. ワーキングメモリについて 1. ワーキングメモリとは 2. 記憶との関係 3. 脳の部位 第2. ワーキングメモリと発達障害 1. 分類方法 2. 機能と容量とで分類すべし 第3. ワーキングメモリそのものの障害 1. 病巣はどこ? 2. 早期癒合症とワーキングメ…