「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

頭蓋骨縫合早期癒合症の成人当事者、および認知心理学の研究者の視点で考えたことを発信しています。メインテーマは「注意」の認知科学的分析。なお当ブログの記事における内容及び理論は無断使用禁止です。

ワーキングメモリ

音読に効果はあるのか?音読と読解の関係についての論考

読解のためには音読をするとよいといわれています。 言語科目では音読教育が行われています。それは 「音読ができるならば、読解ができる」 という観念が働いているためだといえます。 しかし、オンラインの検索ボックスに「音読」と入力しますと、検索候補…

不注意な精神障害「ワーキングメモリ容量減少症候群」の紹介 (特異的言語発達障害も含める)

第1 概要 第2 「ワーキングメモリ容量減少症候群」の定義 第3 概念説明:「注意の焦点」と「脳内マルチタスク」 第4 症状の現れ方について 1 本質的症状→「複数の情報の統合処理によって達成可能な認知行為」の困難 2 なぜ「症候群」か? 3 症状①:不注意症…

コミュ障の種類について学術的に考えてみた

コミュニケーション障害(以下、コミュ障)とは、相手とのコミュニケーションに何らかの障害が生じている状態を指します。 ここでは性格や一時的な心理状態や知識の有無などとは関係のない、真正のコミュ障を認知科学の視点で分析します。 第1 コミュニケー…

発達障害とワーキングメモリの関係(原因は容量か?それとも機能か?)

目次 第1. ワーキングメモリについて 1. ワーキングメモリとは 2. 記憶との関係 3. 脳の部位 第2. ワーキングメモリと発達障害 1. 分類方法 2. 機能と容量とで分類すべし 第3. ワーキングメモリそのものの障害 1. 病巣はどこ? 2. 早期癒合症とワーキングメ…