「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

頭蓋骨縫合早期癒合症と容量性注意障害に関する当事者研究の記録です。主にワーキングメモリ(注意容量と音韻ループの関係)について研究しています。更新情報はツイッターで配信しています。(他キーワード:特異的言語発達障害、軽度三角頭蓋、ワーキングメモリ)

ワーキングメモリ

なぜ人間は文を運用できるのか?言語情報の出力処理におけるワーキングメモリの役割と「脳内マルチタスク」の内容

第1 文を認知するという奇跡 第2 序論 第3 言語の運用とは 1 「言語の運用」の例 2 出力する言語情報の形態による分類 第4 言語の運用と「脳内マルチタスク」 1 ワーキングメモリで保持されるべき情報 2 出力する言語情報の形態と脳内マルチタスク機…

なぜ人間は文を理解できるのか? 言語情報の入力処理におけるワーキングメモリの役割と「脳内マルチタスク」の内容

第1 序論 第2 「句」が言語情報の認知における基本単位であることについて 第3 句の理解と文の理解の相違点について 1 脳内マルチタスクの必要性の有無 2 「脳内マルチタスク」を必要とする根拠 第4 句の理解におけるワーキングメモリ内の情報処理 第5 …

音読しても理解できない原因とは? 音読と黙読の効果と、読解力が低下する容量性注意障害の病理の紹介

「文の内容を理解させるためには、音読をするべき」 というのが、言語教育学の一般認識です。そのため、学校教育では、言語科目のなかで音読教育を積極的に導入しています。 しかし、「音読しても理解できない」とか、「音読 意味ない」という言葉が検索候補…

特定不能の広汎性発達障害、グレーゾーンの正体? ワーキングメモリの容量が小さい外因性精神障害「容量性注意障害」の病理、および原因疾患について

インターネット上の検索エンジンに「ワーキングメモリ」と入力すると、以下のような検索候補が必ず存在します。 「ワーキングメモリ 小さい」 「ワーキングメモリ 少ない」 「ワーキングメモリ 弱い」 また、 「ワーキングメモリ 容量 増やす」 という検索候…

コミュ障の種類について学術的に考えてみた

コミュニケーション障害(以下、コミュ障)とは、相手とのコミュニケーションに何らかの障害が生じている状態を指します。 ここでは性格や一時的な心理状態や知識の有無などとは関係のない、真正のコミュ障を認知科学の視点で分析します。 第1 コミュニケー…

「ワーキングメモリ」とはなにか? / 精神障害(発達障害含める)との関係について(原因は「容量」の減少か?それとも「機能」の無効化か?)

通俗的にあいまいな使われ方をしている「 ワーキングメモリ」という表現について、神経心理学、認知心理学の観点で考察し、発達障害との関連を言及しました。 キーワード:実行機能、アランバッデリー、ワーキングメモリネットワーク、前頭前野背内側部(DLP…