「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

頭蓋骨縫合早期癒合症と容量性注意障害に関する当事者研究の記録です。主にワーキングメモリ(注意容量と音韻ループの関係)について研究しています。更新情報はツイッターで配信しています。(他キーワード:特異的言語発達障害、軽度三角頭蓋、ワーキングメモリ)

2017-10-17から1日間の記事一覧

頭蓋骨縫合早期癒合症および軽度三角頭蓋の予後(手術を受けなかった成人当事者の症例) / 手術の効果に関する考察(早期癒合症と発達障害の関係)

成人当事者に現れている、頭蓋骨縫合早期癒合症、および軽度三角頭蓋による3種類の悪影響を紹介します。

「ワーキングメモリ」とはなにか? / 精神障害(発達障害含める)との関係について(原因は「容量」の減少か?それとも「機能」の無効化か?)

通俗的にあいまいな使われ方をしている「 ワーキングメモリ」という表現について、神経心理学、認知心理学の観点で考察し、発達障害との関連を言及しました。 キーワード:実行機能、アランバッデリー、ワーキングメモリネットワーク、前頭前野背内側部(DLP…