「封印」されしアタマのなかより(大人の早期癒合症)

認知心理学の研究をする頭蓋骨縫合早期癒合症の成人当事者が考えたことを書いていきます。扱っている症状は原因不明のものばかり(泣)。当ブログの記事における内容及び理論は無断転載及び引用は禁止です。更新情報はツイッターでも配信しています。

軽度の頭蓋骨縫合早期癒合症を抱える成人当事者に対する手術の必要性、有効性についての考察 / 早期癒合症の治療における手術対象年齢制限の根拠

下地武義先生の新著に関する情報、および、早期癒合症手術の年齢制限、成人当事者に対する早期癒合症手術の効果についての考察しました。

キーワード:下地武義、軽度三角頭蓋、神経心理学、スキャモンの発育曲線、 大脳皮質

 

下地武義先生の著書「三角頭蓋奮闘記 (あきらめない この子たちに未来はある)」に関する情報

頭蓋縫合早期癒合症および軽度三角頭蓋にかかわる方々は見逃せないでしょう!

下地武義先生による新著が、発刊されました。その内容は肝心の軽度三角頭蓋やそれの手術に関するものになっているようです。

三角頭蓋奮闘記 (あきらめない この子たちに未来はある)

三角頭蓋奮闘記 (あきらめない この子たちに未来はある)

私はまだ読んでいないので、感想レポートは別の機会で紹介します。

私が気になったのは、この書籍の「推薦の弁」です。

本書「推薦の弁」より、子どもの発達障害で悩んでいる方々は一読される価値がある。希望が出てくるかも知れない。しかし、子どもが成長した後で読まれた方は悔いるかもしれない。もう少し早く知っていたら……と。*1

 上の「……」には、一体どんな言葉が入るのでしょう?

 

 国内における早期癒合症治療の事情

1 日本は早期癒合症医療では世界一かもしれない

頭蓋骨縫合早期癒合症は、国内の医学においては「小児慢性特定疾病」として扱われています。日本だけに限らず、国際的にも手術は児童の間で行われております。

私見ですが、実は日本は、早期癒合症医療においては「世界一」になりつつあります。その根拠とは、早期癒合症手術の安全性は当然のこと、下地武義先生が行っている軽度三角頭蓋の手術が日本だけでしか行われていない、というアドバンテージが存在することにあります。

 

2 軽度三角頭蓋の手術に対する否定説の存在

しかし、「世界一」になるためには課題が存在します。

まず一つ目に挙げられるのが、医学のなかでは軽度三角頭蓋の手術に対する否定的見解が存在することです。

 

ここで問題なのは、医学が保守的な学問であることです。たしかに否定説の理論は論理的に整合性が確保されています。しかし、否定的見解の根拠理論となっている精神医学および脳神経外科学の知見は、神経心理学から見ると古いものです。

これに対し、精神医学の知識を形成する学問に該当する神経心理学の知見から見ると、軽度三角頭蓋の手術は正当なものであると評価できます。

 

 3 成人当事者に関するエビデンスが存在しない

そしてもう一つは、成人当事者に対する治療のエビデンスが未確立であることです。

実際には私のような早期癒合症の「成人当事者」はほかにも一定数存在しているのですが、これまでに成人当事者であることを自覚した人物が存在していないこともあいまって、日本国内で成人当事者に関するデータは、2018年現在においても存在しません。

ちなみに当ブログでは成人当事者である私が抱えている症状に関する情報を紹介しています。

 

4 手術対象の年齢制限が設定されている

そのうえ、早期癒合症の手術は年齢制限が設定されています。

このことは軽度三角頭蓋の手術においても同様のことが言えます。実際、下地武義先生は軽度三角頭蓋の手術の対象年齢についてを、学童期に限定しています。

 

なぜ手術の対象年齢に制限が設けられているか?

1 神経心理学の一般認識

神経心理学の一般認識として挙げられるのが、「スキャモンの発育曲線」です。

f:id:nasubinbin:20180815174716p:plain

その内容とは、「脳内の神経細胞の発達は、幼少期がピークであり、年を重ねるにつれて神経発達の「勢い」が緩やかになる」というものです。

この理論に従うと、神経発達を妨げている問題が存在する場合は、「幼少期の間に問題を解消しなければ、脳内の神経発達に悪影響が残る」という結論を導き出されます。

  

2 脳神経外科学の一般認識

脳神経外科学の一般認識の論理構造は以下の通りです。

  • 早期癒合症は頭蓋内圧亢進を引き起こす。
  • 頭蓋内圧亢進は、大脳辺縁系の神経発達に悪影響を与える。
  • よって、早期癒合症の精神症状は、頭蓋内圧亢進が引き起こした、大脳辺縁系の機能低下である。

     

    f:id:nasubinbin:20180804221351p:plain

 

3 結論:「推薦の弁」の続きの部分

脳神経外科学の一般認識と、先の神経心理学の一般認識を掛け合わせると、早期癒合症由来の精神症状を解消するための手術は幼少期に行われなければならない、ということになります。

逆のことを言えば、成年以降に行っても効果がないという理論が形成されます

冒頭のテーマに戻りましょう。下地先生の著書の「推薦の弁」の続きの部分が、おわかりいただけかと思います。

つまり、頭蓋内圧亢進による精神運動発達遅滞が引き起こされているような、通常程度の早期癒合症の場合では、幼少期に手術を行わなければ、大脳辺縁系の神経発達」という面に限れば、徐々に効果が薄くなるということです。

しかし、全く無意味というわけではありません。

頭蓋内圧亢進による身体症状については、幼少期でなくても手術をしなくても解消するべき問題であることは当然のことです。そのうえ、後述する「早期癒合症特有の精神症状」については、この限りではないと私は考えています。

 

頭蓋内圧亢進症状ではない「早期癒合症特有の精神症状」

しかし、軽度三角頭蓋の症例で多く報告されている症状の原因は、頭蓋内圧亢進による辺縁系機能の低下によって引き起こされる神経発達障害ではなく大脳皮質の機能低下であると私は考えています。

大脳皮質由来の精神症状は、上記の神経心理学の一般認識は適用されません。なぜなら、神経発達とは異なる問題だからです。

この精神症状については「早期癒合症特有の精神症状」と名称を用いながら詳細を別の記事で紹介しているのでご覧ください。 

 

成人に対する手術の有効性

早期癒合症に対する減圧開頭術の効果は、文字通り頭蓋内圧亢進の解消に役立つといわれています。しかし、これは脳中心部の髄液圧を低下させるだけでなく、「大脳皮質への圧迫」という病態の解消も伴います。クモ膜下腔およびクモ膜下槽の容積が拡張されることで、「早期癒合症特有の精神症状」も解消できることは明白です。 

先ほど提示した神経心理学の一般認識は、「早期癒合症特有の精神症状」の原因となっている大脳皮質に当てはめるべきではありません。すなわち、成年期以降でも大脳皮質の機能低下を回復させることは十分に可能です。なぜなら、「十分に神経発達している大脳皮質」の機能を低下させているのが早期癒合症だからです。

 

成人患者に対する手術が行われるべき理由

早期癒合症の成人患者に対し、開頭減圧術を行うべき根拠は、病理学的根拠だけではありません。現行の軽度三角頭蓋の手術に対する否定説を一つ退けることが可能になります。

 

1 小児科学による軽度三角頭蓋の手術の否定説の根拠

実は軽度三角頭蓋の手術は、医学的には認められていないため、「美容整形手術」として行われていることは、「軽度三角頭蓋の手術をめぐる論争」の記事で紹介した通りです。

軽度三角頭蓋の手術に対する否定説は、様々な種類の医学関係者から上がっています。そのうちの一つである小児科学の否定説の内容は、軽度三角頭蓋の手術の対象年齢が幼年であることに対する批判です。詳細については以下の記事をご覧ください。

 

2 成人患者に対する臨床研究ならば問題ない

臨床研究としての性格を持つ軽度三角頭蓋の手術を、成人患者に対して行うようにすれば、少なくとも小児科学の否定説を退けられます。なぜなら、患児に対する場合とは異なり、手術の承諾を成人患者本人に求めることが可能だからです。

軽度三角頭蓋であれば、精神発達遅滞ではないケースが多いので、制限行為能力者ではないので、承諾を求めることが可能です。患者本人にとっても強い希望になること、そして下地武義先生にとっても臨床研究のデータを集めることが可能になるので、成人当事者に対する開頭減圧術の施行は、患者と研究者の利害が一致するのです。

 

成人患者に対する手術の実現を阻む要因:術式が未確立

成人に対する軽度三角頭蓋の手術が仮に行われたとしましょう。そのためにはそれなりの準備が必要になるでしょう。

最も懸念すべきことは、手術の手法が確立されていないことです。

現在存在する早期癒合症の手術の手法は既存の頭蓋骨を使ったものですが、それは患者が成長期であることが術式の有効性を形成しています。

それに対して、成人の頭蓋骨の場合は癒合が終了しているため、患児に対する手術が有効的であるとはいえません。

早期癒合症は小児慢性特定疾病として認知されてきたものですので、成人に対する手術が行われたことがないという事実が、術式の未確立の要因になっているのでしょう。

ただ、現在は頭蓋骨のインプラント技術があるので、手術が実現不可能というわけではないということは、確実に言えます。

*1:アマゾンでの商品詳細ページより引用

首猫背と頭蓋骨の関係 / 頭蓋骨縫合早期癒合症の「頭皮の下垂」が引き起こす、姿勢の変化

 「首コリ」という言葉をご存じでしょうか?

肩こりは有名ですが、実は首の筋肉もこります。

その原因のひとつに、首猫背が挙げられます。携帯電話を操作している時に同様の姿勢になることから、「スマホ首」とも呼ばれています。

実は、私も首猫背です。しかし、私の場合は首猫背の姿勢をとらざるを得ない状況を抱えています。そして、その原因は「頭蓋骨縫合早期癒合症」という頭蓋骨の疾病です。

今回の記事では、

  1. 「あごの皮膚のたるみが首猫背を引き起こすケース」における「あごの皮膚のたるみ」の原因
  2. 早期癒合症による「頭皮の下垂」から首猫背をとるようになるまでのメカニズム

の以上の2つを紹介します。

キーワード:首コリ、頚性神経筋症候群、二重あご、喉仏、早期癒合症、一重まぶた

首猫背は万病のもと

首猫背の姿勢をとっていると、首コリになります。この首コリが不定愁訴を引き起こします。首コリによって発生する神経症的症状については「頸性神経筋症候群」と名付けられています。

また、場合によっては首猫背は頸椎ヘルニアを引き起こします。そうなると対症療法のみでは収まらなくなり、場合によっては手術が必要になります。

どちらの疾病も自律神経を脅かすもので、頭痛、手足のしびれといった自律神経失調症で見られる症状が現れます。

このように、首猫背は自律神経失調症を引き起こす万病の元なのです。 

 

疑問:なぜ首猫背になるのか?

首猫背をせざるを得ない場合もあるのでは

首猫背の姿勢は、体幹が弱い人にとっては何も考えなくても維持できる姿勢なので、多少楽かもしれせんが、良いことは全くありません。

にもかかわらず、なぜ多くの人々は首猫背になっているのでしょう。これには理由があると私は考えました。

まず、首猫背になる人には、

  • 自分自身の姿勢の問題点についての自覚を持っていない人
  • 首猫背の姿勢をとらざるを得ない人

の2種類存在すると考えられます。

このうち特に後者の方のパターンにおける、首猫背の原因要素になる身体的特徴を紹介していきます。

 

首猫背と「あご」(「二重あご」)

首猫背と切っても切り離せない関係を持つ症状が、二重あごです。併発するといってもよいでしょう。

 あごを引くと二重あごになってしまう、首のシワやたるみが気になるという人も、猫背が原因かもしれません。猫背特有のあごを突き出す姿勢は、首の後ろを縮める代わりに、前側を異常に引き伸ばすからです。ゴムと同じで、伸ばされっぱなしでは皮膚も戻る力を失い、たるんでしまいます。

日本経済新聞HP内の記事より引用*1

上記の内容を要約すると、「首猫背 → あごの下の皮膚が伸びる → 二重あご」という構図で示されます。

しかし、実際には首猫背と二重あごは相互的な因果関係にあります。すなわち、「ある原因によって二重あごになり、首猫背の姿勢をとっている」というケースもありうるのです。詳細は、後ほど説明します。

 

首猫背とのどぼとけ

大げさな表現ですが、二重あごになっている状態では、あごに位置する皮膚が喉に覆いかぶさるようになります。

特に男性の場合は顕著で、存在するはずの喉仏が隠れます。

すると、通常の姿勢を維持するのが困難になり、首猫背の姿勢が固定化されます。

 

首猫背と「まぶた」(眼瞼下垂)

上まぶたを動かす神経がマヒして発生する「眼瞼下垂」という疾病があります。

まず、上まぶたの面積が増大します。そして、増大した分だけ視界の上半分が遮られるため、下半分の視界で全体を見るために頭を上げるような姿勢をとるようになります。

この姿勢こそが首猫背です。

努力してまぶたを開いているのが「代償期」、もはや努力しても開いていられないのが「非代償期」です。代償期では眼瞼挙筋・ミュラー筋・後頭前頭筋を努力して縮めるようにすることが、頭痛・肩こり・疲労の原因となります。大きな目をしているので診断は難しいのですが、二重の幅の拡大、上まぶたのくぼみ、舌の縁のギザギザ、猫背、眉毛の位置の上昇、額のしわ、三白眼などが特徴的です。非代償期になると診断は容易で、まぶたが瞳孔にかぶさるので、いつも顎を上げて見るようになります

愛知医科大学形成外科HP「腱膜性眼瞼下垂の治療」より引用*2

以上の内容を構図としてまとめると、「眼瞼下垂による視界不良 → 首猫背」となります。

 

二重あごになる原因はなにか(?→二重あご→首猫背)

ここからが本題です。

「ある原因によって二重あごになり、首猫背の姿勢をとっている」というケースにおける、二重あごを発生しうる原因要素を挙げていきます。

1 パターン①:肥満

これは一般的な例です。

二重あごの中に脂肪が詰まっているのが特徴です。このことから、肥満になったときに発生する二重あごは、「脂肪の段差」というべきでしょう。(この形容の意図とは、後述の「頭皮の下垂」による二重あごとの差別化を図っています。)

この場合、首猫背にした方が楽です。逆にあごを引くと苦しいです。

とくに男性の場合はのどぼとけがあるため、通常の姿勢ではあごの脂肪に圧迫され苦しくなります。その結果、首猫背の姿勢が固定化されるというわけです。

以上の内容をまとめると

肥満 → 二重あご → 首が脂肪に圧迫される → 首猫背

という構図になります。

  

2 パターン②:「頭皮の下垂」

二重あごになる原因は、肥満以外にも存在します。

例えば、一般に知られているのが老化です。老化は頭皮に限らず皮膚全体の下垂を引き起こします。 すると、行き場をなくした余剰部分の頭皮は、重力の影響であごの下に集中します。これが「頭皮の下垂による二重あご」です。

特徴として挙げられるのは、首に覆いかぶさっているのはたるんだ皮膚だけであり、その皮膚の中には脂肪がないことでしょう。ですので、頭皮の下垂によるあごの皮膚の余剰部分は、厳密には「二重あご」とは異なるものです。

以上の内容をまとめると

「頭皮の下垂」 → 「二重あご」 → 首があごの皮膚に圧迫される → 首猫背

 という構図になります。

 

「頭皮の下垂」を引き起こす疾病:頭蓋骨縫合早期癒合症

1 頭蓋骨縫合早期癒合症とは

「頭皮の下垂」を引き起こす原因に老化とは別に、頭蓋骨縫合早期癒合症という疾病が挙げられます。頭蓋骨縫合早期癒合症は 、頭蓋骨が狭小化する病気です。

頭蓋骨の体積が狭小化するので、同時に表面積も小さくなります。

すると、本来の広さを保っている「頭皮」(頭蓋骨全体を覆う皮膚を指します)に余剰部分が発生します。その結果、余剰部分となった頭皮は、重力の影響であごに集中するようになります。こうして二重あごになります。

早期癒合症による頭蓋骨の狭小化→ 頭皮の余剰部分発生→ 重力により皮があごに集まる

 

2 (編集中)あごの部分の現物写真

 

3 「頭皮の下垂」による悪影響① 変化する髪の毛の生え癖

早期癒合症による頭皮の下垂の存在を示す所見は、髪の毛の生え癖にも表れています。頭蓋骨が狭小化したことで、毛の生える方向と髪の毛の生えている頭部の位置が一致していないため、変な位置にボリュームのある髪型になっています。

 

4 「頭皮の下垂」による悪影響② 一重まぶた

実は、早期癒合症による頭皮の下垂は、「一重まぶた」という形でも表れています。

目を覆っている、上まぶたの皮膚の量が多くなると、二重まぶたにしたときにより多くの皮膚を巻き込む必要があります。

すると、まばたきしたときに眼球との摩擦が強くなるため、眼球が傷付きやすくなります。ただ、眼球が傷つく前に痛みを感じるので、一重まぶたを続けるようになります。

 

5 一重まぶたによる視界不良が首猫背を引き起こす可能性も…

ちなみに、一重まぶたが首猫背を引き起こしているという可能性もあります。これは眼瞼下垂による首猫背と似たメカニズムで、一重まぶたも上半分の視界が遮られるので、下半分の視界を見るために首猫背の姿勢をとるようになります。

 頭皮の下垂 → 一重まぶたによる視界不良 → 首猫背

 

「頭蓋骨縫合早期癒合症」が引き起こす諸症状、判別方法

 これに加え、頭蓋骨縫合早期癒合症は脳にも悪影響を与える疾病であり、身体症状精神症状も現れます。

頭蓋骨縫合早期癒合症は、「小児慢性特定疾病」として定められていますが、私を含め、成人でも軽度の頭蓋骨縫合早期癒合症の当事者がいることは確実です。実際、著名人でも早期癒合症と思われる方がいます。

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたの首猫背の原因は、早期癒合症である…かもしれません。

下に、早期癒合症の判別方法についての記事リンクを掲載しました。ぜひご覧ください。 

 

まとめ:頭蓋骨縫合早期癒合症から首猫背の発生まで

頭蓋骨縫合早期癒合症 → 頭皮の下垂

  • ↳ 「二重あご」(あご下の皮膚増量) → 喉仏が苦しい → 首猫背
  • ↳ 一重まぶた → 視野の狭小化 → 首猫背

以上のことから、頭蓋骨縫合早期癒合症による「頭皮の下垂」は、まぶたあごに作用し、首猫背の姿勢をとらざるを得ない状況をそれぞれの問題が形成しているといえます。

斜視と併発する「軽度発達障害」の真相:頭蓋内圧が亢進したときに併発する(早期癒合症との因果関係あり)

「軽度発達障害児における眼疾患の検討」で記載されたデータを参照しながら、斜視と「軽度発達障害」の関係性について考察しました。(キーワード:頭蓋内圧亢進、早期癒合症、グレーゾーンとは )

 

序論

  • 頭蓋内圧が亢進したときに斜視と精神症状が併発する。
  • 通常の早期癒合症は、基準値以上の頭蓋内圧亢進を引き起こす
  • 基準値以上の頭蓋内圧亢進を引き起こさない軽度早期癒合症でも、「早期癒合症特有の精神症状」、および斜視が併発する。
  •  斜視と併発する「軽度発達障害」とは、「早期癒合症特有の精神症状」である。

 

斜視と「軽度発達障害」の関係についての先行研究

斜視と発達障害の関係について言及している研究は、過去に行われています。その研究が以下のものです。 

 

この研究では、「軽度発達障害を抱える人物に斜視が併発する確率が高い」という結論を、統計データから導き出しています。

 

「軽度発達障害」の意味

この言葉と同じ使われ方をしている概念として、「グレーゾーン」や「特定不能の広汎性発達障害」などの表現が存在します。

実は、DSM-5による精神障害概念ガイドラインには、これらの概念は存在しません。ですので、精神科においても正式な診断として用いることはできないはずです。

厳密にいえば、定義づけられている発達障害ではない精神症状を指します。すなわち、ADHD自閉症スペクトラム障害学習障害といった精神障害には当てはまらない精神症状、あるいは症候群が、「軽度発達障害」に代表される不特定概念を用いて説明されています。

  

斜視は「軽度発達障害」との因果関係をもたない

先に結論を言うと、斜視が「軽度発達障害」を引き起こすだとか、あるいはその逆のことは、ありえません。

たとえば、株式会社Litalicoのウェブサイトでは、上記の論文をベースに斜視と発達障害の関係について言及している記事があります。

発達障害の特徴を示す子どもの中には、キャッチボールが苦手だったり集中力が続かなかったりという症状を持つ子もいます。このような症状には、斜視を含めた目の病気が隠れていることもあります。

斜視には遠近感や立体感をつかみづらいという症状があります。遠近感がうまくつかめないと、ボールはキャッチできません。物が二重に見えたり立体感がつかめなかったりすると、折り紙やお絵かきも疲れてしまいます。二重に見えることで、学習障害(LD)に見られる文の読み書きの苦手も起こります

斜視を含めた目の病気には「見る力」を弱めてしまうものもあります。斜視であっても視力は良いというケースも珍しくありません。

もちろん、発達障害による症状と斜視を含めた目の病気による症状が混在していることもあります。発達障害のある子どもの困難に、目の病気が関わっている可能性があることも見過ごせません。

 

この記事の中には、学習障害にみられる文の読み書きの苦手」という表現を用いた意図は不明確ですが、これは誤解を生みやすい表現です。

注意するべきことは、「斜視による文の読み書きの苦手」は「学習障害」ではないということです。本来ならば「文の読み書きの苦手という学習面での悪影響」というべきでしょう。

たしかに、斜視による二次障害(眼精疲労など)により学習能力などの低下が起きる可能性は十分にあります。しかし、それは単なる悪影響であり、発達障害とは全く異なります。

「斜視が発達障害を引き起こす」という現象は病理学的にも考えられません。

 

斜視と精神症状を引き起こす「頭蓋内圧亢進」

これまでは、斜視だから「発達障害」になるとか、「発達障害」だから斜視になるという因果関係はあり得ない、という内容でした。しかし、精神症状と斜視の併発率が高いという研究結果があることから、斜視と「軽度発達障害」の関係の存在を否定できません。

実際、医学的にエビデンスとして認められている、精神障害と斜視の両方を発生させる「現象」があります。

それが、頭蓋内圧亢進です。

 

頭蓋内圧亢進が斜視を引き起こす病理(外転神経麻痺)

斜視は、視神経の麻痺によって発生します。

視神経は、脳内の長い距離を走る運動神経です。ゆえに脳内環境の変化の影響を最も受けやすい運動神経なのです。頭蓋内圧亢進のような脳内部の圧力が上昇すると状態ですので、視神経が圧迫される、というのは想像に難くないでしょう。

頭蓋内圧亢進を引き起こす症例の一つに、脳内出血を例にあげましょう。このとき識障害と同時に、内斜視も現れます。頭蓋内圧亢進によって、圧迫された外転神経が麻痺するためです。これを外転神経麻痺といいます。

ちなみに手術で頭蓋内圧亢進が解消されると、麻痺していた視神経の機能が回復するので、意識障害とともに外転神経麻痺も根本的に治癒します。

 

頭蓋内圧亢進による精神症状

急性的な頭蓋内圧亢進による精神症状(脳卒中

頭蓋内圧亢進が急性的であるか、あるいは慢性的であるかによって、頭蓋内圧亢進による精神症状の現れ方が異なってきます。

先述した脳内出血は頭蓋内圧亢進のうち急性症状のほうに該当します。急性症状とは通常の脳の状態から急速に頭蓋内圧亢進が悪化するものを指します。精神症状は、「前頭葉徴候」に代表される意識障害が発生します。

 

慢性的な頭蓋内圧亢進による精神症状(早期癒合症)

一方の慢性的な頭蓋内圧亢進には、頭蓋骨縫合早期癒合症や水頭症が該当します。慢性的な頭蓋内圧亢進は辺縁系の神経発達に悪影響を及ぼし、その結果、多動を伴う「精神運動発達遅滞」が認められるようになります。この精神症状は見方によっては「発達障害」と評価することも可能です。

臨床研究では、早期癒合症の手術の効果は以下の通りです。

  • 頭蓋内圧亢進が解消される。
  • 多動症状が解消される。
  • 手術時の年齢が早ければ早いほど、神経発達の悪影響を防ぐことができ、知能面の発達が見込められる。

 しかし、斜視との関係性を疑われる精神症状は「軽度発達障害」でした。これに対し、頭蓋内圧亢進時の精神症状である「精神運動発達遅滞」は、「軽度発達障害」という表現に当てはまらないほど重篤な症状を呈します。

おそらく、冒頭の研究で報告されている「軽度発達障害」と斜視の併発は、頭蓋内圧がさほど亢進していない軽度の早期癒合症の場合でみられる、斜視と精神症状(≠精神運動発達遅滞)の併発に一致すると思われます。

 

早期癒合症には軽度のものが存在する

頭蓋内圧亢進を発生させる早期癒合症や水頭症といった頭蓋骨の変形を伴う疾患は、外見的特徴が素人でもわかるほど顕著なものであるため、治療の機会を逃すことはめったにありません。

しかし、実際に存在する軽度の早期癒合症は、専門医以外の医療従事者の間では認知されていません。そのうえ患者自身にとっても気づきにくい特徴を持つため、治療を受けていないまま、早期癒合症による身体症状や精神症状が現れている状態で毎日をすごしている人が多く存在すると私は推測しています。

 

斜視と併発する「軽度発達障害」→「早期癒合症特有の精神症状」

頭蓋内圧がさほど亢進していない軽度の早期癒合症においても、精神障害が発生する可能性があります。

早期癒合症の頭蓋骨による脳への圧迫が、頭蓋内圧が亢進する程のものではない、言い換えれば、頭蓋内圧亢進が認められる基準値を満たさなかったとしても、頭蓋骨が脳を圧迫しているという状態であることには変わりありませせん。

この状態で発生する症状は、早期癒合症以外の疾病では想定できないことから、「早期癒合症特有の精神症状」と私は呼んでいます。これの病理に関する詳細は以下の記事で紹介しています。  

 

 

 一方で、頭蓋内圧亢進が基準値未満だったとしても、早期癒合症と精神症状、および斜視が併発する可能性は存在します。*1

「早期癒合症特有の精神症状」は慢性的なものであるため、「意識障害」というよりは「発達障害」として見られやすいです。

これらのことから、斜視と併発する「軽度発達障害」とは、「早期癒合症特有の精神症状」であると私は考えています。 

  

斜視の種類は問わない

早期癒合症と併発している斜視は、種類を問いません。内斜視もあれば外斜視もあります。

早期癒合症による頭蓋内圧亢進が斜視を引き起こす病理についての詳細は、以下の記事で扱っています。 

*1:リンク先の「軽度早期癒合症の悪影響」の項を参照いただきたい。

聴覚情報処理障害(APD)は何科で検査できる? / タイプ別診断チェックリスト(ADHD, ASD, 特異的言語発達障害)

聴覚情報処理障害を診断できる専門の施設に関する情報、および聴覚情報処理障害のタイプ別診断チェックについての記事です。(キーワード:ADHD、聴覚過敏、特異的言語発達障害、口下手) 

聴覚情報処理障害を扱っている医療施設について

数は少ないですが、聴覚情報処理障害は音声言語医学で扱われています。

なかでも、聴覚情報処理障害の専門家がいらっしゃる施設は以下の通りです。

www.iuhw.ac.jp

こちらの施設では、聴覚情報処理障害の専門家である小渕千絵先生が、在籍しております。 

小渕千絵先生の共同研究者である原島恒夫先生がいらっしゃいます。 

 ただし、聴覚情報処理障害は精神障害として定義づけられている障害ではありませんので、「聴覚情報処理障害」であることが認められた場合でも、精神科のように正式な診断を受けることは難しいと私は推測しています。

また、場合によっては精神科にかかった方が効率が良い場合があります(詳細は後述)。

  

聴覚情報処理障害を診断できる「病院」は存在しない

聴覚情報処理障害を扱っている研究領域は、現時点では音声言語医学だけであり、一般的な医学においては疾患概念として認知されていません。

実際、聴覚情報処理障害研究の第一人者である小渕千絵先生の著書では以下のような文が書かれています。

APDに関しては原因や評価、支援方法などが確立されているとは言えず、医療機関教育機関での混乱も大きい(p. 302)

なので、聴覚情報処理障害の診断を目的とする場合、一般的な医療機関ではなく、例えば言語聴覚士が在籍しているような、先述した専門機関にかかるのが確実です。

 

聴覚情報処理障害と耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科は、例えば難聴のような外耳や内耳といった感覚器官の構造異常を扱う科目です。ゆえに、音声言語医学の知識を持たない耳鼻咽喉科では、聴覚情報処理障害の診断ができません。

これは私の経験ですが、もし耳鼻咽喉科にかかったとしても、多くの場合でストレス、あるいは神経症が原因であると判断され、「経過観察」、すなわち匙を投げられることになるでしょう。

たとえ耳鼻科医が聴覚情報処理障害のことを知っていたとしても、その診断をくだせないので、専門機関を紹介してもらうべきでしょう。

 

聴覚情報処理障害と精神科

初めに結論を言いますと、聴覚情報処理障害のうち聴覚過敏、およびADHDのタイプでは、根本原因である精神障害の解決を目的とした治療が行われるので、見方によれば二度手間にならずにすみます。

ただし、やはり精神科においても「聴覚情報処理障害」の診断を受けられません。聴覚過敏の症状の対応策については精神科では対応しきれない可能性もあるので、その場合は専門医(言語聴覚士)を紹介してもらうべきでしょう。

  

APDのチェック診断:あなたの聴覚情報処理障害はどのタイプ?

聴覚情報処理障害の疑いがある症状について、正確な診断を受けるならば、聴覚情報処理障害の専門家に直接診断してもらうことに越したことはありません。

しかし、遠隔地に住んでいらっしゃる方々は専門家が在籍している施設に行くことは難しいでしょう。

そこで、聴覚情報処理障害のタイプがわかるオリジナルの問診表を簡単に作りました。是非参考にしてください。 

まず、聴覚情報処理障害には3種類の原因が存在します。

  • 聴覚過敏ASDの疑いが強い)
  • ADHD
  • 特異的言語発達障害:音声言語医学では「特定不能」と判断されています。

1 口下手 → 特異的言語発達障害

まず、聴覚情報処理障害のひとつである特異的言語発達障害の性質は、言語理解だけでなく言語運用にも悪影響が見られます。

ここでの「口下手」とは、重文複文といった複雑な統語構造を持つ言語情報を出力するための情報処理に時間がかかることを意味します。口下手ならば、特異的言語発達障害タイプです。

(ちなみに、ADHDは口下手ではありません。話すという行為は能動的行為であり、受動的行為である聴覚情報処理とくらべるとADHDによる悪影響は少ないと考えられます。)

 

2 読解力が低い → 特異的言語発達障害、あるいはADHD

言語性知能が高い(文法に対する理解度や語彙力が高い)にもかかわらず、読解力が低い場合が存在します。その病理は2つ存在します。

  • ADHD:読む行為自体に対する集中が困難であることに由来する読解力の低さです。
  • 特異的言語発達障害ADHDとは異なり、読む行為自体には集中できていますし、単語レベルを理解できています。しかし、短期記憶力が低く、文として理解するのが遅いため、読解力が低下します。

読解などの学習と特異的言語発達障害の関係に関する詳細は、以下の記事で紹介しています。 

  

 

3 多声音楽を聴きとれない → 特異的言語発達障害

ポップスなどの音楽では存在しませんが、クラシックの楽曲のなかには、同時に複数の声部(旋律)が対等に進行する楽曲が存在します。これを「多声音楽(ポリフォニー)」といいます。楽曲形式ではフーガやカノンが多声音楽に該当します。

 <バッハ:フーガの技法


J.S.Bach - The Art Of Fugue BWV 1080.

 

ベートーヴェンピアノソナタ第29番 ”ハンマークラヴィーア” 第4楽章>  


Glenn Gould - Beethoven Sonata 29 in B flat major "Hammerklavier" 4th movement

特異的言語発達障害の場合、単一の旋律を聴き取ることは容易です。しかし、同時に複数の旋律を聴き取ることが困難なのです。できたとしても2声が限界でしょう。

これは言語理解においても同じことがいえます。すなわち、特異的言語発達障害は同時に複数の言語情報(複雑な文)を理解するのが困難という特徴を持ちます。

 

4 不協和音で構成された音楽が苦手 → 聴覚過敏

<視聴注意:不協和音まみれのプロコフィエフ交響曲第3番>


Prokofiev – Symphony No. 3 Opus 44 (Mariinsky Theatre Orchestra, Valery Gergiev)

 

聴覚過敏の方は、不協和音が多用されている前衛的音楽(プロコフィエフショスタコーヴィチなど)を聴くのを苦手です。

自閉症スペクトラム障害と不協和音に関する研究(下記リンク)が実際に行われており、「自閉症スペクトラム障害は、不協和音の聞き取りを苦手な性質を持つ」という結論が提示されています。

 

(別記事リンク)聴覚情報処理障害の原因と病理について

さらに聴覚情報処理障害に関することを知りたい場合は、その原因とそれぞれの病理についての記事を当ブログで載せていますので、ぜひご覧ください。 

 また、聴覚情報処理障害の一つである、特異的言語発達障害の病理に関する論考も当ブログ内で発表しています。 

 

引用文献

音声言語医学 56巻 4号 2015年10月

小渕千絵「聴覚情報処理障害(auditory processing disorders, APD)の評価と支援」

頭蓋骨縫合早期癒合症の当事者である芸能人、有名人:ヒース レジャー(Heath Andrew Ledger)

はじめに

頭蓋骨縫合早期癒合症(以下、「早期癒合症」と記述)という、頭蓋骨が通常よりも「早く閉じてしまう」疾病が存在します。脳の発達に悪影響を与える疾病として医学的に認知されている、神経発達の観点においても重篤性を持つ疾病です。

現在、早期癒合症は小児慢性特定疾病に認定されており、手術を用いた治療が行われています。

一方、軽度の早期癒合症も実在するのですが、こちらのほうは医療関係者の間で認知されているとはいえません。それどころか、軽度三角頭蓋の手術に対して否定的な見解を述べているというのが現状です。(詳細は「軽度三角頭蓋の論争」に関する記事の中で紹介しています。)

こうした背景があり、治療の機会を逃した状態のまま大人になり、そのほとんど(私以外)は軽度の早期癒合症に気づかないまますごしています。仮に、早期癒合症由来の症状があったとしても、です。

続きを読む

聴覚情報処理障害(APD)の原因に関する論考(ADHD、聴覚過敏、特異的言語発達障害)

聴覚情報処理障害を構成する3タイプの病理の紹介、および特異的言語発達障害(SLI)との関係を考察しました。キーワード:ワーキングメモリネットワーク、前頭前野背外側部(DLPFC)、音韻ループ、特異的言語発達障害

続きを読む

斜視と頭蓋骨の形の関係についての仮説:「開散麻痺の原因は頭蓋骨縫合早期癒合症」という可能性について

内斜視の当事者である私自身のデータをもとに、原因不明とされる開散麻痺の原因についての持論を立てましたので、その内容を紹介します。

また、私自身の治療経過や手術についての情報も紹介します。

(キーワード:内斜視、頭蓋内圧亢進、早期癒合症)

 

続きを読む